令和元年度 大阪医科薬科大学病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
1.年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1302 644 448 765 1584 2222 3511 6308 3026 184
当院の立地している周辺には市民病院が無く、特定機能病院である当院は、地域における中核病院としても役割を担っており、幅広い年齢層の患者に対して医療を提供しています。50歳以上の患者さんの累計は76.3%であり、そのうち、70代の患者さんが最も多く全体の約3割を占めます。超高齢化社会を迎える我が国において70代以上の割合が増加していくと思われますが、当院の小児診療領域はこの数年間で飛躍的に成長していることから、10代以下の患者さんへの医療提供も一定割合で計上されていくと思われます。
2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 189 24 15.79 0 71.51
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 70 11.54 13.72 0 67.66
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 59 22.02 13.41 3.39 74.2
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 52 29.48 39.36 0 55.81
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 51 31.86 31.30 0 64.76
本、病院指標における、内科の定義は当院での血液内科、腎臓内科、糖尿病代謝内分泌内科、総合診療科が該当します。
内科の5疾患では血液疾患が4疾患を占めており、最も多い症例は血液内科で非ホジキンリンパ腫の化学療法を行う治療となります。非ホジキンリンパ腫の治療内容によっては平均在院日数が長くなっています。
糖尿病代謝内分泌内科では、2型糖尿病の教育入院、合併症に関する入院の症例が多くなっています。
精神神経科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.10 - -
161020xxxxx11x 体温異常 手術・処置等2 あり 定義副傷病 あり - - 21.45 - -
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 18.81 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 20.84 - -
160570xx97x1xx 腹部血管損傷 手術あり 手術・処置等2 あり - - 26.24 - -
精神神経科は診療科が本来担うべき精神疾患の治療に加えて、他診療科と連携して治療にあたる必要のある身体合併症の患者さんにも医療提供を積極的に行っています。また、精神疾患の中でも難治性といわれる薬物治療が効果を示さない患者さんを対象とした特殊治療にも力を入れています。その他、てんかん、認知症性疾患、思春期(中・高生)の疾患、性別違和等の専門外来を設けています。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 161 3.24 3.34 1.24 71.88
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 71 9.3 9.59 0 72.39
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1 あり 59 2 2.03 0 62.31
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 56 18.95 18.84 10.71 72.61
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 28 13.89 14.62 17.86 74.79
呼吸器内科の年間入院例中6割強が悪性腫瘍関連です。そのうち、肺癌診断の基となる気管支鏡検査目的の入院が最も多く、超音波内視鏡の導入により適応が広がってきています。
次いで肺がんにおける化学療法目的入院が多く、免疫療法、分子標的治療等の治験をはじめ、臨床試験を中心に質の高いがん診療を展開しており、苦痛を軽減するための緩和治療にも力を入れております。
この他にも、難病特定疾患に指定されている特発性間質性肺炎の抗線維化薬導入や、睡眠時無呼吸症候群のポリソムノグラフィー及びCPAPの導入も行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 229 8.06 9.79 5.68 70.97
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 119 8.45 8.27 0 72.97
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 88 3.38 2.63 0 66.43
06007xxx9910xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 74 5.43 4.80 4.05 69.69
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 69 8.94 8.03 0 73.49
消化器内科の1位は、胆管結石や胆管炎、閉塞性黄疸に対する内視鏡的胆道ステント留置術等を施行した症例です。2位の胃の悪性腫瘍の症例は、多くが早期の胃癌に対して内視鏡を用いて粘膜下層剥離術等の手術を施行し、患者さんへの負担が少ない治療を行っています。3位は、小腸・大腸の良性疾患に対して内視鏡を用いた手術(大腸ポリープ・粘膜切除術)を施行した症例です。4位は、膵臓、胆嚢、胆管等の疾患に対して内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査(ERCP)、超音波内視鏡下穿刺吸引生検法(EUS-FNA)等内視鏡を用いた診断・治療を行った症例となっています。5位では、肝・肝内胆管の悪性腫瘍に対して早期肝癌であるラジオ波焼灼術にて局所治療を行っています。
当院の内視鏡的処置は、消化器内視鏡専門医が行なっており、また肝・肝内胆管の悪性腫瘍に対する処置も、専任の肝臓病専門医が行なっています。さらに、当院の化学療法センターには専任の腫瘍内科医を配属し、専任看護師・薬剤師・事務員等からなるチーム医療を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1、2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 308 4.71 4.40 0 73.14
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 259 3.49 3.01 0.39 72.06
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 200 5.15 5.02 0.5 67.33
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 87 3.52 3.15 0 74.43
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 76 16.12 17.71 7.89 81.89
1位、2位、4位は心筋梗塞や狭心症と呼ばれる虚血性心疾患(冠動脈内腔が動脈硬化のため狭小化し、心筋への栄養状態が悪化する状態)に対する、カテーテル検査および治療です。検査は心臓手術前の精密検査や、非心臓手術の耐術能を評価するものも含まれています。治療は冠動脈内腔を拡張する治療でバルーン、薬剤溶出性ステント、薬剤コーティッドバルーン、ロータブレータ等を用いて治療を行います。
3位は不整脈に対する心筋焼灼術といわれる治療になります。カテーテルを用いて不整脈を引き起こす心筋組織を焼灼することで原因を取り除く治療になります。最も多いのは心房細動で、ひとたび脳梗塞を発症すると大きな障害となる不整脈への治療を行っています。
5位は近年増加が著しい心不全に対しての入院で、カテーテル検査や治療等を行っています。
リウマチ膠原病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 43 31.05 15.48 4.65 60.33
070560xx99x6xx 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 6あり 31 43.13 25.15 16.13 67.19
070560xx97x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 55.42 26.18 5.26 60.16
070560xx97x6xx 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術あり 手術・処置等2 6あり 18 69.44 68.40 11.11 62.94
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 17 33.18 18.84 0 67.59
リウマチ膠原病内科では、全身性エリテマトーデス・関節リウマチに代表される膠原病の診療・研究・教育を行っています。
膠原病とは、本来は生体を守るはずの免疫システムの一部が異常になり、全身の臓器を傷害する原因不明の全身性炎症性疾患です。
膠原病は、新規の分子標的薬の開発が進んでおり、薬剤の適応を十分に検討した上で、患者さんへ最先端の医療を提供しています。
また、膠原病肺疾患外来/膠原病母性外来を開設し、間質性肺炎等の合併症がある患者さんに対して病状に応じた治療と、
妊娠の希望がある女性患者さんに対して、本院産科と連携し妊娠・出産に対するカウンセリング、治療・管理を行っています。
1~4位は全身性エリテマトーデス・強皮症・顕微鏡的多発血管炎等の膠原病に対して、確定診断のための検査、薬剤の決定・投与、
併発した感染症の治療で入院した症例となります。
5位は膠原病の合併症である「間質性肺炎」が悪化し、薬剤による治療で入院した症例となります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 82 5.89 6.19 0 3.37
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 68 6.87 5.69 0 4.54
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 60 5.6 5.73 0 3.42
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 59 4.44 7.10 0 8.22
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 55 5.49 5.39 0 4.84
小児科の診療領域は、感染症全般、腎臓、循環器、神経、染色体、血液・腫瘍性、アレルギー・膠原病、内分泌、消化器、心身症等幅広く、関連する本院各診療科と連携をとりながら、診療を行なっています。患者さんの年代は、新生児から思春期・若年成人まで対象としており、教育・福祉関係との連携も大切にしています。
新生児科の診療領域は、低出生体重児、仮死出生、先天性心疾患・奇形等、ほぼすべての新生児疾患の診療を行なっています。
外科的疾患にも十分対応可能です。開設以来30年以上の歴史があり、積極的に患者さんの紹介・搬送を引き受け、地域連携に取組んでいます。
1~3位および5位は、感染症であり、脳性麻痺や免疫不全等、基礎疾患をもつ患者さんに併発した重篤な感染症の他、近隣医療機関からご紹介頂いた感染症患者さんの入院加療などを行っています。
4位はてんかんに対して、脳波検査目的や抗てんかん薬による治療目的で入院した症例となります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 141 14.37 15.02 1.42 68.07
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 105 4.79 6.10 0 59.25
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 99 9.25 10.34 0 63.22
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 93 16.75 16.12 4.3 72.39
060040xx02000x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 91 18.6 15.48 1.1 62.95
一般・消化器・小児外科では、胃、大腸、食道、肝臓ならびに膵臓の悪性腫瘍(がん)を中心に、消化器全般の診断と外科治療を行っています。
術後の負担が少ない腹腔鏡下手術を積極的に取り入れていますが、患者さんの病態に応じたテーラーメイド治療を心がけ、十分に治療法の長所・短所を話し合いながら、最善の治療法を決定しております。また、2015年4月から小児外科診療を開始しました。小児外科は、新生児から15歳まで手術が必要な子どもを対象とし、小さな臓器に対する治療技術や、体の成長を見すえて治療方針を決定するといった高い専門性が特徴です。
乳腺・内分泌外科では、乳腺の悪性腫瘍(がん)を中心に、乳腺疾患の診断と治療を行っています。
最新の検査機器と技術を導入し、診療を展開しています。手術では、根治性と整容性の両立を目指した術式を選択しており、本院形成外科と連携して、乳房再建にも積極的に取り組んでいます。また、抗癌剤やホルモン剤による治療を一貫して行い、本院放射線腫瘍科と連携して、放射線治療も行っています。
1~5位は「悪性腫瘍(がん)」に対して、手術治療で入院した症例となります。症例数は結腸、乳房、胃、直腸の順となっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 82 20.32 23.56 80.49 76.15
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 76 21.36 21.53 90.79 68.22
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 手術あり 60 12.13 13.35 18.33 47.7
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 骨穿孔術等 45 21.44 27.40 57.78 65.42
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 44 6.41 5.41 0 50.02
整形外科では運動器(骨・関節・神経・筋肉・腱・靭帯)の外傷や疾患による痛み、機能障害、変形に対して診断・治療を行っています。
1位と2位は、膝関節症と股関節症等の関節疾患に対し人工関節置換術等を行った症例です。
3位は、滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症に対する手術を行なった症例です。
4位は膝関節症に対し骨切り術や関節鏡下半月板切除術等を行った症例です。
5位は、骨軟部の良性腫瘍に対し四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等を行った症例です。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術あり 29 7.79 8.71 0 59.55
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 26 4.42 4.01 0 39.85
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 24 4.33 5.26 0 39
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 手術なし 21 2.1 3.92 0 2.48
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 19 16.16 10.34 0 44.79
形成外科は顔面骨と全身の軟部組織を対象とする、非常に広範囲な治療領域を持つ診療科です。
1位はリンパ浮腫に対してリンパ管吻合術等を行った症例です。
2位は皮膚や皮下の腫瘍を摘出する手術等を行った症例です。
3位は事故等による顔面外傷(骨折)、鼻骨の異常や変形に対する治療を行った症例です。
4位はほくろやあざ(色素性母斑、母斑、血管腫、異所性蒙古斑)、しみ等に対に対する治療を行った症例です。
5位は乳がんの治療後に乳房の再建術を行った症例です。
脳神経外科血管治療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 85 2 3.01 0 65.28
010200xx99x00x 水頭症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 67 5.67 6.93 2.99 77.97
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 67 6.6 9.24 1.49 65.52
010200xx01x00x 水頭症 水頭症手術 脳室穿破術(神経内視鏡手術によるもの)等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 51 12.82 19.92 5.88 75.49
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 48 20.29 21.14 4.17 64.79
脳神経外科では脳・脊髄疾患全般に対して、診断や外科的治療を行っております。脳卒中センターを開設し、『脳卒中ホットライン:三島医療圏の医療施設から当院の脳神経外科医に24時間直接つながる電話 』 を介し24時間365日体制で急を要する脳卒中の患者さん(くも膜下出血、脳梗塞、脳内出血)を受け入れています。
1位と3位は、未破裂脳動脈瘤の症例です。脳の血管の一部が瘤状に膨らんで出血を来していない状態で診断され、脳血管内ステント等を用いた治療が行われます。
2位と4位は、水頭症の症例です。脳室に過剰な脳脊髄液が貯留した状態で、診断には、いくつかの検査が行なわれます。診断後にはシャント術等の手術が行なわれます。
5位は、脳腫瘍 頭蓋内腫瘍に対し、手術が行なわれた症例です。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 230 10.72 11.51 1.74 68.77
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 31 15.23 18.95 3.23 74.45
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 15 9.47 9.26 0 70.67
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 12.31 10.18 7.69 55.23
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.11 - -
呼吸器外科では、肺がんを中心とした肺・縦隔疾患の外科的治療を行なっています。地域がん診療連携拠点病院(高度型)としての役割から地域と連携して治療に取り組んでおります。
1位と2位は、肺がんに対する外科手術の症例です。
3位は、呼吸器系の良性腫瘍等に対し、胸腔鏡を用いた外科手術の症例です。
4位と5位は、気胸の症例です。治療は胸腔鏡を用いた外科手術等の治療を行います。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 46 27.74 23.77 2.17 70.85
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 36 2.39 2.78 0 68.92
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 31 29.1 22.71 3.23 70.06
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1、3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 7.8 10.80 0 75.8
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 28 17.68 15.67 3.57 80.32
心臓血管外科・小児心臓血管外科では、大動脈瘤・動脈瘤専門外来を常設しており、重症例の積極的治療を行なっています。
1位は、大動脈弁や僧帽弁等の心臓弁機能障害に対し弁置換術、弁形成術等の手術を行なった症例です。
2位は、下肢静脈瘤等に対し血管内焼灼術および瘤切除術等を行なった症例です。
3位は、狭心症や慢性虚血性心疾患に対し冠動脈バイパス術や左心室の外科的修復術を行なった症例です。
4位は、洞不全症候群等でペースメーカー移植術や、その後のペースメーカー交換術を行なった症例です。
5位は、腹部大動脈瘤の破裂を防止するためステントグラフト内挿術を行なった症例で、低侵襲性な治療を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 925 2.92 2.78 0.11 74.7
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 126 8.81 7.53 0 71.48
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 119 6.09 6.71 0 70.4
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 102 9.95 9.33 0 56.33
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 73 7.81 7.29 0 61.93
眼科の最も多い症例1位は、白内障に対する手術症例です。2位は緑内障に対する手術症例、3位に黄斑円孔・黄斑上膜に対する手術症例、4位に網膜剥離に対する網膜復位術や硝子体茎顕微鏡下離断術と呼ばれる手術症例、5位に糖尿病性増殖性網膜症に対する手術症例と続きます。いずれも当院で完結する治療が多く、転院率は高くありません。この他に当科では難治性緑内障に対してチューブシャント手術や濾過手術を積極的に行っています。眼科では、眼科のすべての領域で豊富な経験を持つ専門医が診療にあたっており、バランス良く質の高い治療を提供しています。
耳鼻咽喉科頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 118 10.85 7.24 0 53.96
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 77 19.53 13.11 0 68.31
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 65 10.46 7.85 0 45.09
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 48 10.52 6.80 0 53.46
03001xxx97x00x 頭頸部悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 44 12.3 10.05 4.55 66.61
耳鼻咽喉科・頭頸部外科では耳、鼻、のどの疾患の診断と治療、顔面神経麻痺、めまい等を耳鼻咽喉科が担当し、頭頸部外科分野では、がんをはじめとする耳・鼻・副鼻腔・咽頭・喉頭領域の腫瘍(口腔を含む)や甲状腺腫瘍、唾液腺(耳下腺・顎下腺)腫瘍の治療を専門としています。
症例数の1位は前年と同じく、耳下腺や口腔・咽頭等にできた良性腫瘍に対する腫瘍摘出術の症例となっています。2位と5位は耳下腺がん、下顎歯肉がん 、声門がん、頸部リンパ節転移といった頭頸部にできた悪性腫瘍に対する手術症例となっております。3位には中耳炎や中耳真珠腫に対して鼓室形成手術を行った手術症例。4位の慢性副鼻腔炎の症例では、好酸球性副鼻腔炎や真菌症も含め、内視鏡手術等の治療を行います。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 28 17.61 15.90 10.71 66.36
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 25 15.88 16.13 32 70
010155xxxxx00x 運動ニューロン疾患等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 15.57 13.70 0 73.71
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし 14 19.14 17.31 0 70.71
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 12.75 14.46 0 43
脳神経内科では神経(大脳・小脳・脊髄・末梢神経系)と筋肉に炎症、変性、血管障害により生じる病気の診療を行っています。
当科では幅広い神経内科疾患の治療に取り組みながら、大学病院の特性を活かし、他診療科とも連携を取りながら適切な医療の提供を心がけています。併設している難病総合センターでは、神経難病疾患の統合的な診療とケアの提供を図っており、患者さんへの療養生活の質の向上を目指し、支援体制の整備にも取り組んでいます。
昨年度、最も多い症例は慢性炎症性脱髄性多発神経炎やギラン・バレー症候群等に対してガンマグロブリン療法を行った症例でした。
2位は脳梗塞(発症から3日以内に入院)に対する内科的治療の症例です。
3位は筋萎縮性側索硬化症等、4位はパーキンソン病関連疾患に関する診断・治療症例となっております。
5位には多発性硬化症に対する治療となっており、指定難病に関する症例が多いのが特徴です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 31 7.55 9.00 0 65.19
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 30 4.27 7.90 0 78.4
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 22 2.09 4.01 0 46.27
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 14 8.86 12.55 0 65
080190xxxxxxxx 脱毛症 10 3 3.44 0 44.1
皮膚科では、臨床所見や一般検査のみでは診断が困難な症例に対しては、積極的に皮膚生検や特殊検査を行い、臨床・病理カンファレンスにて詳細に検討して確定診断を下し、最適な治療方針を決定しています。
症例数で見ると、1位は帯状疱疹で昨年に続き最も多く、顔面、陰部に発生したもの、広範囲に及んでいるもの、汎発性帯状疱疹等の早期に入院加療が必要な患者さんが主体です。2位は皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)に対する単純切除術等の症例が続き、3位に'がん'ではなかった皮膚の良性新生物の切除症例がきます。4位の膿皮症は、蜂巣炎(蜂窩織炎)・丹毒、壊死性筋膜炎等に対する抗生剤の点滴加療等の内科的治療が含まれます。5位は重症円形脱毛症に対するパルス療法症例となります。
腎泌尿器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 411 5.56 7.07 0 69.39
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 216 31.32 10.65 2.31 66.45
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 73 12.03 11.14 0 67.52
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 66 11.5 12.18 1.52 70.36
110060xx99x0xx 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 58 6.97 8.40 1.72 71.38
腎泌尿器外科では、腎臓・膀胱・前立腺・精巣等の悪性腫瘍(がん)、前立腺肥大症等の排尿障害、腎不全・透析、腎移植、副腎等の内分泌腫瘍、男性不妊、性機能障害等の診断・治療を行っています。術後の負担が少ない腹腔鏡下手術に積極的に取組み、地域医療と連携を取りながら、患者さんの「ニーズにかなう医療」を実践しています。
「ニーズにかなう医療」の一例として、〝大阪医大式膀胱温存療法〟があります(抗がん剤治療+血液透析+放射線治療を組み合わせた当科独自の集学的治療法)。日本全国・海外から多くの患者さんが、この膀胱摘出をしない治療を目的に受診されています。
1~4位は悪性腫瘍(がん)に対して、手術治療で入院した症例となります。
5位は主に「腎盂・尿管がんの疑い」に対して、検査目的で入院した症例となります。
産科・生殖医学科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120130xx97xxxx 異所性妊娠(子宮外妊娠) 手術あり 19 8.05 5.80 0 31.95
120130xx99xxxx 異所性妊娠(子宮外妊娠) 手術なし - - 5.32 - -
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし - - 11.79 - -
120300xxxxxxxx 人工授精に関する合併症 - - 8.57 - -
060370xx97000x 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 19.97 - -
当科では妊娠高血圧症、多胎妊娠、胎児異常、その他さまざまな合併症に関連したハイリスク妊娠・分娩については母体・胎児集中管理室(MFICU)で管理し、院内の新生児集中管理室(NICU)や他科との連携をはかりながら対応しています。また胎児に異常が発見された時は、早期から母体と胎児を同時に管理しています。
また症例で最も多いのは異所性妊娠(子宮外妊娠)に対する症例であり、手術ありは腹腔鏡手術を行い、手術なしはメソトレキセートによる保存治療を行っている。
尚、産科で本来、最も多いのは普通分娩の症例ですが、今回の病院指標における集計では除外されています。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
婦人科・腫瘍科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 328 4.19 4.58 0.3 61.32
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2 なし 164 3.01 3.13 0 42.63
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 126 5.68 6.21 0 42.64
12002xxx99x30x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 124 3.65 17.31 0 54.98
12002xxx99x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 122 3.12 9.13 4.92 59.8
婦人科・腫瘍科では、子宮頸部・子宮・卵巣等の悪性腫瘍(がん)、子宮筋腫等の良性腫瘍、性器不正出血、月経困難症、卵子・胚凍結保存等の妊孕能温存治療等を中心に、診断・治療を行っています。
全国に先がけて、2010年から悪性腫瘍に対する腹腔鏡下手術を施行し、特に子宮体がんが最も多く、良好な治療成績を収めています。患者さんと、治療法について十分話し合い、薬物治療や、抗がん剤治療・放射線治療・分子標的治療の集学的治療を実践しています。
また、悪性腫瘍治療後に起こる様々な精神的・身体的・社会的問題にも取り組んでおり、悪性腫瘍治療後の患者さんを対象とした専門外来を開設しています。
1位~5位(3位を除く)は子宮体がん・子宮頸がんに対して、上位から順に、抗がん剤治療・手術・抗がん剤+放射線治療・疼痛緩和等のため、入院した症例となります。
3位は卵巣のう腫(卵巣の良性腫瘍)に対して、手術治療で入院した症例となります。

救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 18.62 20.84 30.77 83.38
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 2あり 10 28 33.26 20 78.6
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし - - 6.94 - -
130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群 手術・処置等2 4あり - - 28.84 - -
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし - - 19.29 - -
救急医療部では、様々な病態が重なった救急患者さんに対して、円滑に対応できることを行動目標の一つにしており、救急科専従医が芯となり各科と連携しながら診療に行っております。また当院では救急医療部での入院治療も行っております。集計条件では最終的に退院した診療科での症例数が計上されますので、入院した時点で救急医療部であっても経過によっては他の専門診療科に転科する症例も多くあります。
昨年度の1位は誤嚥性肺炎の症例で、2位と5位は敗血症、3位に虫垂炎、4位に播種性血管内凝固症候群の症例となっています。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2 なし 16 10.88 12.50 0 75.06
070350xx99x0xx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 手術・処置等2 なし 11 11.64 10.03 0 49
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし - - 6.25 - -
010310xx99x0xx 脳の障害(その他) 手術なし 手術・処置等2 なし - - 10.26 - -
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし - - 16.54 - -
麻酔科・ペインクリニックでは、手術室や血管造影室における手術麻酔と、ペインクリニックの2つの診療を実施しています。
手術麻酔では、24時間体制で、新生児から高齢者まで幅広い年齢層と高度技術の手術に対応可能であり、術前/術後に患者さんへ診察を実施しています。
ペインクリニックでは、様々な痛みに対して、神経ブロック/薬物療法を中心に、脊髄刺激療法や、鍼治療等東洋医学的治療も行っています。
また、がん性疼痛に関して、院内緩和ケアチームと連携して、適応があれば神経ブロック等を行っています。
1位は帯状疱疹後神経痛に対して、神経ブロック療法/脊髄刺激装置植込術目的で入院した症例となります。
ニューロパチーとは、中枢神経から枝分かれした末梢神経に障害が出ることで、糖尿病・アルコール多飲・病原体に感染・悪性腫瘍に伴う場合等、様々な原因があります。従って「遺伝性」とはありますが、この診断群には、遺伝以外が原因のニューロパチーも含まれています。
2位は腰椎椎間板ヘルニアに対して、神経ブロック療法目的で入院した症例となります。
3位は脳髄液漏出症に対して、硬膜外自家血注入療法(患者さんご自身の血液を硬膜外腔に注入して漏出部位を塞ぐ)目的で入院した症例と、腰部脊柱管狭窄症に対して脊髄刺激装置植込術を行った症例となっています。
5位は腰部脊柱管狭窄症に対して硬膜外腔癒着剥離術目的で入院した症例となっています。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 176 23 38 50 12 46 1 8
大腸癌 142 91 192 136 19 92 2 8
乳癌 105 100 - 14 30 21 1 8
肺癌 132 51 71 191 36 144 1 8
肝癌 14 31 26 13 - 145 2 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
本院は大学病院であると共に国指定の地域がん診療連携拠点病院(高度型)、がんゲノム医療連携病院に指定されています。
がん治療に関しましても先端医療開発部門が開設され、さらに高度な先進的医療を提供いたしております。
また当院のがん医療総合センターでは多職種のスタッフが集まり診断から治療、看護、患者相談等の横断的な役割を果たしております。  

【初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数】  
がんが疑われると、一般的にはまず、がんであるかを確定するための検査を行い、次に治療方針を決めるために、がんの進行度(進み具合)を診断する検査を行います。
上記表のStage(病期)とはUICC(国際対がん連合)によって定められた分類で、それぞれの部位(臓器)において、
①原発腫瘍の広がり(T)②所属リンパ節転移の有無と広がり(N)③遠隔転移の有無(M)の3つの要素で評価し、病期(Stage)に分類されており、治療方針等の決定の要素となっております。
上記は胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの5部位について病期(Stage)別の患者数を示しています。

胃がんではⅠ期の患者さんが多く受診されており、内視鏡的治療が多く行われています。
大腸がんでは、Ⅲ期の患者さんが多く受診されており、Ⅰ期からⅢ期では内視鏡的治療や腹腔鏡下治療という低侵襲の治療を実施することにより、少しでも患者さんの体への負担を減らし、一人ひとりの病態に応じた治療を心がけ、患者さんの要望を聞いたうえで、それぞれの治療法について十分に話し合いながら最善の方法に努めています。また、Ⅳ期では化学療法を中心に治療が行われています。

乳がんではⅠ期、Ⅱ期の患者さんが多く受診されており、外科手術、放射線治療、薬物療法(内分泌[ホルモン]療法、化学療法、分子標的薬治療)等を、がんの性質や病期、全身の状態、年齢等を考慮し、それぞれの治療を単独で行う場合と、複数の治療を組み合わせた治療が行われています。

肺がんではⅣ期の患者さんが多く受診されており、薬物療法(化学療法、分子標的薬治療、免疫チェックポイント阻害剤等)を中心に治療が行われています。また、Ⅰ期、Ⅱ期では開胸手術や最近では10㎝以下の切開で体の負担の少ない胸腔鏡を用いた手術が行われています。Ⅲ期では外科手術を行う場合もありますが、放射線治療や化学放射線療法が多く行われています。また、肺癌では再発の患者さんについても多く受診されていますので、状態に応じた治療が行われています。

肝がんでは肝臓の状態や肝臓以外への転移、血管等への広がり、がんの数や大きさを考慮し、外科手術、ラジオ波焼灼療法(RFA)、肝動脈化学塞栓療法(TACE)などを中心に治療を行っております。

なお、検査入院などの短期の入院や手術後に総合的な評価を行う検査の結果が未だの場合等は、UICC病期分類で不明と分類されています。
 
〈患者数について〉
「-」:患者数について10未満の数値の場合は、-(ハイフン)を記入。

〈用語について〉
癌取扱い規約:日本で編集されている規約で、癌の状態や治療結果を記録する際の約束事を関連学会がまとめた本。
4.成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 19 15.21 57.79
中等症 66 17.3 74.73
重症 12 17.58 79.83
超重症 - 16.89 74
不明 - 0 0
この表では成人の市中肺炎の重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。市中肺炎とは、通常の社会生活を送っている中で発症する肺炎のことです。
15歳以上で、医療資源を最も投入した傷病名が、インフルエンザ、ウイルス肺炎、肺炎等の患者さんについて集計しています。
重症度別にみると患者数が多いのは中等症の症例になっています。重症度が上がるごとに平均在院日数が長くなり、平均年齢が上がるごとに重症化する傾向であることがわかります。
成人市中肺炎ガイドラインでは、軽症の場合は外来治療が基本ですが、重篤な基礎疾患や、がんの既往がある患者さんでは重症化を危惧され入院となるケースがあります。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
5.脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 151 21.33 74.12 39.07
その他 31 21.9 69.13 29.03
この表は脳梗塞の病型別に患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率の表となります。
本院では、脳卒中センターを開設し、24時間365日体制で脳卒中患者さん(くも膜下出血、脳梗塞、脳内出血)を受け入れています。脳神経外科医、脳血管内治療医、そして脳神経内科医および救急医が担当しています。
発症日から3日以内の急性期脳梗塞が151件ありました。平均入院期間は21日で、そのうち約4割の患者さんが回復期リハビリを行なうため、リハビリを専門とする病院に転院されています。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 12 11.25 9.75 8.33 71.5
K6261 リンパ節摘出術 長径3㎝未満 - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K6262 リンパ節摘出術(長径3㎝以上) - - - - -
K9212ロ 造血幹細胞採取(一連につき)(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) - - - - -
・内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
内視鏡を用いて大腸の早期がんやポリープ等に対して粘膜層下から病巣を切除する治療です。
・リンパ節摘出術(長径3cm未満)
・リンパ節摘出術(長径3cm以上)
悪性腫瘍の組織学的診断や、リンパ節転移に対する治療です。
・抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)
抗がん剤治療の際に手足の血管から点滴できない場合等には、鎖骨下静脈、内頸静脈等中心静脈と呼ばれる心臓近くの静脈へカテーテルを挿入し、皮下に埋め込んだポートと呼ばれる装置に接続して点滴を行うための治療です。
・造血幹細胞採取(一連につき)(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合)
造血器腫瘍(白血病、リンパ腫等)に対して行われる治療であり、造血幹細胞とは血液細胞である白血球、赤血球、血小板のもとになる細胞です。
末梢血幹細胞採取とは、骨髄から末梢血に出てきた造血幹細胞を血液成分分離装置を用いて採取することであり、自家移植は、患者さん自身の造血幹細胞を移植することを意味します。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
精神神経科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6333 ヘルニア手術(臍ヘルニア) - - - - -
K703-2 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術 - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -
K6103 動脈形成術、吻合術 腹腔内動脈(大動脈を除く。) - - - - -
・ヘルニア手術(臍ヘルニア)
臍ヘルニアは、臍帯内に腹部臓器が脱出した先天性疾患であり、外科的な治療が必要な場合があります。
・腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術
膵頭部と付随する十二指腸、胆管および胆のうを切除する腹腔鏡下で行う手術です。
・内視鏡的食道及び胃内異物摘出術
食道および胃内の異物(電池、寄生虫のアニサキス等)を内視鏡下で摘出する治療です。
・動脈形成術、吻合術(腹腔内動脈(大動脈を除く))
腹腔内動脈の病変を除去し、動脈を直接吻合またはパッチ形成を行うことで血行再建を図る治療です。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) - - - - -
K513-4 胸腔鏡下肺縫縮術 - - - - -
K5111 肺切除術(楔状部分切除) - - - - -
K517 肺縫縮術 - - - - -
・胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
経口摂取が難しい症例や誤嚥性肺炎の危険がある症例に対して、腹壁から直接胃内に到達する経路を造設する治療です。
・血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの)
何らかの原因で気道を栄養する血管からの出血に対して、原因となる血管に塞栓物質を注入することで出血を止める治療です。
・胸腔鏡下肺縫縮術
肺胞の異常拡張によって肺表面にできたうすい袋状ののう胞が破れておこる気胸に対して行われることが多く、胸腔鏡下にのう胞を縫い縮める治療です。
・肺切除術(楔状部分切除)
肺の外側の一部を部分的に切除し、主に肺表層で辺縁に近い小病巣の切除に行われる治療です。
・肺縫縮術
肺胞の異常拡張によって肺表面にできたうすい袋状ののう胞が破れておこる気胸に対して行われることが多く、のう胞を縫い縮める治療です。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 280 1.88 9.5 7.5 72.83
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 121 0.94 7.03 0 73.12
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 87 1.17 1.48 0 68.41
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 83 0.89 5.92 0 60.67
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)(2cmを超えるもの)(その他のもの) 72 1.24 6.97 0 73.5
・内視鏡的胆道ステント留置術
胆道が狭窄している症例で、ステントといわれる医療材料を用いて胆汁が腸管に流れるのを助ける治療です。
・内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術)
胃や十二指腸の早期癌の中で条件にあう症例に対して、内視鏡を用いて粘膜下層まで病巣を切除する治療です。
・内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
内視鏡を用いて大腸の早期癌やポリープ等に対して病巣を切除する治療です。
・内視鏡的膵管ステント留置術
膵管が狭窄している症例で、ステントと言われる医療材料を用いて膵液の流れを良くする治療です。
・肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)(2cmを超えるもの)(その他のもの)
腫瘍の中に電極針を挿入し、ラジオ波電流を流す事で癌細胞を死滅させることを目的とした治療です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 213 1.84 2.3 0 73.26
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 163 2.34 2.6 0.61 68.73
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 75 1.47 2.65 0 73.32
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 61 1.85 2.9 0 72.1
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの) 44 1.86 4.48 2.27 62.91
・経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの)
虚血性心疾患(冠動脈内腔が動脈硬化のため狭小化し、心筋への栄養状態が悪化する状態)等の疾患に対し、ステント(金属の筒)といわれる医療材料を用いて狭窄部の血管の広さを維持する治療です。ステントの大多数は、再狭窄予防型である薬剤溶出性ステントを使用しております。
・経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの)(その他のもの)
特殊なカテーテルを用いて不整脈を引き起こす心筋組織を焼灼することで原因を取り除く治療になります。
・四肢の血管拡張術・血栓除去術
閉塞性動脈硬化症による四肢の血管狭窄、閉塞部に対して、バルーンカテーテルやステントを用いて狭窄部で広げることで、狭窄部の血管の広さを拡張する治療です。
・経皮的冠動脈形成術(その他のもの)
虚血性心疾患等に対し、バルーンカテーテルを用いて狭窄部で広げることで、狭窄部の血管の広さを拡張する治療です。薬剤コーティッドバルーンが登場し、ステントを留置せずに治療を行います。
リウマチ膠原病内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 21 11.86 26.38 4.76 69.62
K6261 リンパ節摘出術(長径3㎝未満) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝未満) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
・内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
大腸の早期がん・ポリープ等に対して、内視鏡下で病巣を切除する手術です。
・リンパ節摘出術(長径3cm未満)
リンパ節の腫大に対して、何の病気か顕微鏡で調べるために、リンパ節を摘出する手術です。
・内視鏡的消化管止血術
胃や小腸等の出血性病変に対して、内視鏡下で出血箇所をクリップで止める、または焼灼して止血する手術です。
・皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満)
頭部、頸部、肘関節以下、膝関節以下の皮膚・皮下組織の病変に対して、摘出、または顕微鏡で調べるための手術です。
・気管切開術
膠原病による呼吸状態の悪化に対して、喉から気道まで切開し気管カニューレという管を入れて、呼吸を助ける手術です。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 38 0.05 24.26 0 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) 27 0.04 60.74 0 0
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) - - - - -
・新生児仮死蘇生術(仮死第1度)
・新生児仮死蘇生術(仮死第2度)
蘇生を必要とする新生児に対して、初期処置、人工呼吸、胸骨圧迫、薬物投与・補液が必要か、ステップ順に評価しながら処置します。
本院産科と連携して、妊娠高血圧症・前期破水等のハイリスク妊娠・分娩の出生後に、速やかに対応しています。
Apgar scoreという判定方法により、4~6点ならば仮死第1度、0~3点ならば仮死第2度と診断します。 
・経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの)
・経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの)
主に「頻脈性不整脈(脈が速くなる)」に対して、心臓内までカテーテルを入れ、不整脈の発生源を電気で焼灼する手術です。
・中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)
化学療法や高カロリー輸液等の必要がある患者さんに対して、皮下にポート(針を刺す場所)を植込む手術です。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 152 2.49 12.27 1.97 68.2
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 137 2.13 19.04 2.19 63.77
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴わないもの) 106 1.08 2.75 0 59.37
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 92 1.36 3.3 1.09 59.35
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 74 2.2 14.22 5.41 72.28
・腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術  <結腸 → 盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸に分けられます>
結腸がんに対して、腹腔鏡下で病巣を切除する手術です。
・腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) <直腸 → 直腸S状部、上部直腸、下部直腸に分けられます>
直腸がんに対して、腹腔鏡下で病巣を切除し、腹膜反転部より下でつなぎ合わせる手術です。
・乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術・腋窩部郭清を伴わないもの)
乳がんに対して、直視下で病巣を切除し、術中のリンパ節生検結果により腋窩リンパ節を取らない手術です。
・腹腔鏡下胆嚢摘出術
胆嚢結石症・胆嚢炎等に対して、腹腔鏡下で胆嚢を摘出する手術です。
・腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術)
胃がんに対して、腹腔鏡下で病巣を切除する手術です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 161 1.19 18.75 84.47 72.24
K0542 骨切り術(下腿) 45 1.02 18.69 53.33 64.76
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) (後方椎体固定) 42 2.69 23.95 35.71 64.29
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) (後方又は後側方固定) 36 7.14 35.5 55.56 68.56
K0782 観血的関節固定術(足) 34 1.15 18.15 64.71 64.38
・人工関節置換術(肩、股、膝)
傷ついた肩、股、膝関節の損傷面を取り除いて、人工関節に置き換える手術です。
・骨切り術(前腕、下腿)
変形性関節症などの手術の際に、骨を切り、角度を変えたり、ずらしたりして矯正する手術です。
・脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) (後方椎体固定)
後方から椎弓を切除して神経の圧迫をゆるめ、人工骨や自身の骨を移植して椎体を固定する手術です。
・脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) (後方又は後側方固定)
比較的広い範囲の時に用いられ、椎弓を切除したり脊柱管(神経の通り道)を広げたりして、脊髄の圧迫をゆるめる手術です。
・観血的関節固定術(胸鎖、肘、手、足)
関節の破壊や変形が著しい場合や関節を動かす筋肉が麻痺して機能が失われている場合に、関節軟骨を取り除いて骨の表面を露出させ、骨の両端を接触させて固定する手術です。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K628 リンパ管吻合術 26 0.96 6.42 0 61.42
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 14 0.64 3.07 0 70.21
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼拳筋前転法) 13 0.23 1.08 0 70
K427 頬骨骨折観血的整復術 13 0.92 4.08 0 49.85
K333 鼻骨骨折整復固定術 13 1.00 1.15 0 27.38
・リンパ管吻合術
婦人科領域の悪性腫瘍や乳がん治療に引き続き生じる続発性リンパ浮腫に対する理学療法や外科的治療を行っています。
・皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)
病巣を取りきるためには大きく切除する必要がありますが、腫瘍の辺縁よりどの位大きく切除するかは、皮膚悪性腫瘍の種類によって異なります。
・眼瞼下垂症手術(眼瞼拳筋前転法)
眼瞼下垂症とは、主に加齢変化による瞼(まぶた)が下垂して見えにくい状態です。伸びてしまった筋肉を部分麻酔の手術で再固定する手術法です。
・頬骨骨折観血的整復術
骨折した頬骨のズレを整復するため、必要な箇所を切開しプレートで固定する手術法です。
・鼻骨骨折整復固定術
骨折した鼻骨の整復を行ない、鼻腔内にガーゼを詰め、外側はプラスチック樹脂製のガードで固定を行なう手術法です。
脳神経外科血管治療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 73 6.37 24.32 13.7 66.21
K1742 水頭症手術(シャント手術) 51 1.59 10.98 5.88 76.45
K1781 脳血管内手術 1箇所 49 2.76 10.88 14.29 66.53
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 37 2.41 7.3 2.7 77.68
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 37 1.05 8.46 13.51 77.46
・頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの)
脳腫瘍を摘出する手術です。当院では手術室内にCTを備えたハイブリッド手術室で、腫瘍の可視化が可能な蛍光顕微鏡や手術支援(ナビゲーション)装置を用いて行っています。摘出した腫瘍が悪性の場合は術後に治療をおこなうため術後日数が長くなります。
・水頭症手術 シャント手術
頭蓋骨に小さな穴を空けて余分な髄液をカテーテルを用いて腹腔内等に排出するための経路を作る手術です。
・脳血管内手術(1箇所)
脳動脈瘤や脳動静脈奇形等の血管の異常に対して、血管内手術用カテーテルを用いて行う手術です。
・経皮的頸動脈ステント留置術
カテーテルによる治療です。足の付け根の血管からカテーテルを挿入し、首の血管まで進めていきバルーンカテーテルで細くなった血管を広げた後ステントと呼ばれる金属の網状の筒を血管内に留め置くことで狭窄を改善する手術です。
・慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
慢性硬膜下血腫に対し頭蓋骨に孔を開け、硬膜を切開し溜まった血液を出した後に血腫腔の中をきれいに洗い、チューブを挿入し血腫を排出させる手術です。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 90 3.06 7.34 0 70.17
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 88 2.39 5.76 2.27 68.53
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 47 2.68 10.47 4.26 73.62
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 22 6.55 5.5 9.09 62.59
K5141 肺悪性腫瘍手術(部分切除) 13 2.15 8.85 0 61.77
・胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)
胸に小さな傷をつけ、直径2~10㎜の細長いカメラスコープを体に挿入することで体内をモニター画面に写し、それを見ながら行なう手術です。肺がんの患部である肺葉を部分的に切除又は1肺葉を超える範囲まで切除する手術です。
・胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)
胸に小さな傷をつけ、直径2~10㎜の細長いカメラスコープを体に挿入することで体内をモニター画面に写し、それを見ながら行なう手術です。肺がんの患部である肺の区域を部分的に切除する手術です。
・肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)
肺がんの患部である肺葉を部分的に切除又は1肺葉を超える範囲まで切除する手術です。
・胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの))
胸に小さな傷をつけ、直径2~10㎜の細長いカメラスコープを体に挿入することで体内をモニター画面に写し、それを見ながら行なう手術です。肺がんの患部である肺の外側の一部分を部分的に切除する手術です。
・肺悪性腫瘍手術(部分切除)
肺葉を部分的に切除する手術です。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈,大動脈バイパス移植術 (2吻合以上のもの) 48 6.83 23.9 6.25 70.81
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 36 0.36 1.03 0 68.92
K5612ロ ステントグラフト内挿術(1以外の場合・腹部大動脈) 23 3.52 17.13 0 81.22
K5551 弁置換術(1弁のもの) 22 7.41 22.95 4.55 72.23
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術) 18 10.94 17.61 5.56 84.72
・冠動脈,大動脈バイパス移植術(2吻合以上のもの)
細くなった冠動脈部分を飛び越えて、血流供給が不足している冠動脈に新しく血液の通り道(バイパス)を作る方法で、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞等)に対して行われる手術です。
・下肢静脈瘤血管内焼灼術
先端からレーザー光を照射する細長いレーザーファイバーを静脈の奥に挿入し、徐々に引き抜きながら膨らんだ静脈をレーザー光で焼き縮めて閉塞させる手術です。
・ステントグラフト内挿術(1以外の場合・腹部大動脈)
血管内に折りたたんだステント(金属)付きの人工血管を挿入し、大動脈瘤の存在する部分で内側から拡げることで、瘤への血液を途絶させ破裂を防ぐ治療です。
・弁置換術(1弁のもの)
大動脈弁、肺動弁、三尖弁、僧帽弁等の弁のいずれか1つを切除して、人工弁を同じ位置に縫着する手術です。
・経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術)
カテーテルを使って人工弁を患者さんの心臓に装着する手術です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズ挿入・その他のもの) 900 0.18 1.66 0.11 75.02
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 277 1.01 5.57 0 66.91
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 148 1.03 5.36 0.68 65.22
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 55 0.87 5.29 0 72.98
K2683 緑内障手術(濾過手術) 47 0.94 10.04 0 69.55
・水晶体再建術 (眼内レンズを挿入する場合・その他のもの)
白内障等の疾患で水晶体の混濁で視力が低下した場合に、水晶体を除去しただけでは通常は網膜に焦点が合わなくなるので、代わりのレンズを同時に挿入する治療です。
・硝子体茎顕微鏡下離断術 (網膜付着組織を含むもの)
網膜剥離や糖尿病や高血圧による硝子体出血、黄斑部疾患等に行われ、硝子体内に細い手術器具を入れて、硝子体を除去する手術です。
・硝子体茎顕微鏡下離断術 (その他のもの)
網膜剥離や糖尿病や高血圧による硝子体出血、黄斑部疾患等に行われ、硝子体内に細い手術器具を入れて、硝子体を除去する手術です。
・緑内障手術 (流出路再建術)
眼内を満たす房水の流れる生理的なルートを再建し眼圧を下げる手術です。
・緑内障手術 (濾過手術)
眼内を満たす房水の流れるルートの再建が期待できない場合に、新たに前房と結膜下を結ぶ房水通路を作成して眼圧を下げる手術です。
耳鼻咽喉科頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(浅葉) 72 1.74 8.64 0 52.93
K3192 鼓室形成手術(耳小骨再建術) 47 1.72 7.94 0 47.02
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 41 1.76 8.73 0 27.98
K309 鼓膜(排液,換気)チューブ挿入術 36 1 1.14 0 5.56
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 30 2.33 7.1 0 55.77
・耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術)
耳下腺浅葉摘出術は、腫瘍を耳下腺浅葉と共に摘出する方法です。耳下腺とは唾液を作る臓器の一つで、左右の耳の前方にあります。耳下腺内には顔面神経が走行しており、顔面神経より浅い部分を浅葉、深い部分を深葉と呼んでいます。
・鼓室形成手術(耳小骨再建術)
伝音難聴や混合性難聴のなかで、鼓膜や耳小骨を含む中耳に問題がある場合に鼓室形成術の対象となり、病巣を除去するとともに鼓膜・耳小骨連鎖を再建することで、聴力の改善を目的としています。
・口蓋扁桃手術(摘出)
口蓋扁桃を摘出する手術です。適応となる疾患は、頻回に扁桃炎を反復する慢性扁桃炎の場合、扁桃病巣感染症として、IgA腎症や掌蹠膿疱症として等の場合、高度の扁桃肥大による睡眠時無呼吸症候群の場合等です。
・鼓膜(排液,換気)チューブ挿入術
難治性の滲出性中耳炎では鼓膜切開術で、鼓膜切開術で排液しても鼓膜は通常自然に閉鎖してしまうので、滲出性中耳炎を再発します。そのような場合に長期間にわたって中耳内の滲出液を除去し換気を正常化するための鼓膜チューブを挿入するための手術です。
・内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
内視鏡を用いて罹患している副鼻腔の自然口を大きく拡大し、副鼻腔内の病的に肥厚した粘膜を切除する手術です。多くの慢性副鼻腔炎症例では複数の副鼻腔を処理するので、その場合はⅢ型の適応となります。
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) - - - - -
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢に設置した場合) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
・胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術,腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
経口摂取が難しい症例や誤嚥性肺炎の危険がある症例に対して、腹壁から直接胃内に到達する経路を造設する手術です。
・気管切開術
気管の狭窄・閉塞で呼吸困難を生じる疾患(外傷・異物・がん等)や、喀痰等を排出困難な疾患(重症な肺炎や肺水腫)、誤嚥の症例等で適応となり、気道用のチューブを挿入するための気管切開口を確保する手術です。
・内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
内視鏡を用いて大腸の早期癌やポリープ等に対して病巣を切除する治療です。
・中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢に設置した場合)
入院治療の必要はないが、主要な栄養を高カロリー輸液に依存せざるをえない疾患の患者さんに対して、ポート(針を刺す場所)を皮下に埋め込む手術です。これにより使用しない期間は自由に生活ができ、感染の危険性も少ないとされています。
・内視鏡的消化管止血術
消化管の出血部位を内視鏡下に確認し、鉗子孔からの操作で止血する手術です。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072

皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)

40 0.25 3.08 0 78.15
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 10 0 1 0 49.9
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0061 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
・皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)
・皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満)
・皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径2cm以上4cm未満)
・皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満)
・皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径3cm以上6cm未満)
悪性黒色腫をはじめとした皮膚悪性腫瘍に対しては、センチネルリンパ節の同定と転移の検索、術式、最新の化学療法や放射線療法を適宜検討しながら最適な治療を行います。また、悪性腫瘍に対してだけではなく良性腫瘍に対しても手術による治療を行っております。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
腎泌尿器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・その他のもの) 388 1.19 3.28 0.26 69
K8036イ 膀胱悪性腫瘍術(経尿道的・電解質溶液) 84 2.82 7.58 0 71.76
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 66 1.32 9.18 1.52 70.36
K773-5 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 52 1.56 9.04 0 67.35
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術(左) 49 6.8 22.31 4.08 68.65
・膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの)
早期の膀胱がんに対して、尿道から膀胱内へ入れた内視鏡下で病巣を切除する手術です。
・膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)
膀胱に内視鏡を入れる時に、中を膨らませる灌流液が必要となります。灌流液に、生理食塩水を使用する手術です。
・腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの)
前立腺がんに対して、手術支援ロボット(ダ・ヴィンチ)下で病巣を切除する手術です。
ダ・ヴィンチとは、腹部に開けた小さい穴へ人間の手と同じ動きをする機械アームを挿入し、立体的に映し出される拡大画像を見ながら、
操作パネルよりアームを動かして手術する遠隔操作システムです。
・腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの)
腎がんに対して、手術支援ロボット(ダ・ヴィンチ)下で病巣を切除する手術です。
・経尿道的尿管ステント留置術 <左尿管>
がんの浸潤等による尿管狭窄に対して、尿道から入れた内視鏡下で尿管に細い管(ステント)を留置し、尿の排泄を確保する手術です。
産科・生殖医学科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091イ 流産手術(妊娠11週までの場合)(手動真空吸引法によるもの) 15 0.20 0.27 0 35
K888-22 卵管全摘除術(両側)(腹腔鏡によるもの) 11 1.73 4.36 0 31.73
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -
K9122 異所性妊娠手術(腹腔鏡によるもの) - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
・流産手術(妊娠11週までの場合)(手動真空吸引法によるもの)
妊娠22週未満に妊娠が中断するものを流産といい、流産手術は、子宮内容除去を行う治療になります。
・卵管全摘除術(両側)(腹腔鏡によるもの)
腹腔鏡下で卵管を切除する治療となります。
・子宮内膜掻爬術
キューレットといわれる医療機材を用いて子宮内膜を掻爬する治療になります。
・異所性妊娠手術(腹腔鏡によるもの)
異所性妊娠(子宮外妊娠)とは、受精卵が子宮内腔以外の場所(多くは卵管)に着床して起こる妊娠をいいます。
放置すると大量出血をきたす可能性があるため異所性妊娠の部位(多くは卵管妊娠)を切除し摘出する治療になります。
・血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術)
産褥過多出血や遺残癒着胎盤による出血の原因となっている血管に、カテーテルを挿入し血液が流れないように金属コイルや塞栓物質で血管を塞栓することで止血を行う治療です。この治療を行うことで子宮を温存することが可能となります。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
婦人科・腫瘍科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 165 1.01 1.01 0 42.77
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 161 1.01 3.81 0 42.25
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 131 1.12 4.32 0 46.8
K879-2 腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(子宮体がんに限る) 76 2.16 9.14 0 55.61
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 55 2.25 9.71 1.82 56.93
・子宮頸部(腟部)切除術
子宮頸部異形成・上皮内がん等に対して、レーザー等で子宮頸部の一部を切除する手術です。
・子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの)
卵巣良性腫瘍・卵管捻転等に対して、腹腔鏡下で卵管・卵巣を切除する手術です。
・腹腔鏡下腟式子宮全摘術
子宮筋腫・子宮頸部異形成等に対して、腹腔鏡下で子宮を切断し、膣から子宮を摘出する手術です。
・腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(子宮体がんに限る)
子宮体がん・子宮肉腫に対して、腹腔鏡下で子宮全摘(+両側付属器切除)+骨盤リンパ節郭清を行なう手術です。
ⅠA期の子宮体がん限定であり、手術を実施する施設は、年間20例以上手術施行等の条件を満たしている必要があります。
・子宮附属器悪性腫瘍手術(両側)
卵巣がん・卵管がんに対して、開腹して卵管・卵巣を切除する手術です。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - - - - -
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
・腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)
・腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの)
急性虫垂炎に対する手術で、腹腔鏡を用いて切除を行います。
・小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術)
腹部損傷による腸管破裂、腸管挫滅、あるいは絞扼性腸閉塞症による腸管壊死等による腸管穿孔あるいは瘻孔形成を起こした小腸に対して、その罹患部分を切除し、繋ぎなおす手術です。
・気管切開術
気管の狭窄・閉塞で呼吸困難を生じる疾患(外傷・異物・癌等)や、喀痰等を排出困難な疾患(重症な肺炎や肺水腫)、誤嚥等の症例で適応となり、気道用のチューブを挿入するための気管切開口を確保する手術です。
・腹腔鏡下胆嚢摘出術
胆嚢結石症や胆嚢炎等の症例に対して、腹腔鏡を用いて胆嚢を摘出する手術です。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
麻酔科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1901 脊髄刺激装置植込術(脊髄刺激電極を留置した場合) 19 0.26 10.21 0 64.84
K128 脊椎内異物(挿入物)除去術 - - - - -
K188-2 硬膜外腔癒着剥離術 - - - - -
K1902 脊髄刺激装置植込術 ジェネレーターを留置した場合 - - - - -
K190-2 脊髄刺激装置交換術 - - - - -
・脊髄刺激装置植込術(脊髄刺激電極を留置した場合)
薬物療法、他の外科療法や神経ブロック療法で効果が認められない慢性難治性疼痛の除去、または軽減を目的として行われます。
脊髄にリード(電流を流すための電極が先端についている導線)を留置する手術です。脊髄に微弱な電気を流して、脳へ痛みの信号を伝わりにくくします。
・脊椎、骨盤内異物(挿入物)除去術
脊髄刺激装置を抜去する手術です。
・硬膜外腔癒着剥離術
経皮的にカテーテルを用いて、硬膜外腔の癒着を剥離する手術です。
・脊髄刺激装置植込術(ジェネレーターを留置した場合)
脊髄にジェネレーター(回路と電池を内蔵する刺激装置)を留置する手術です。
・脊髄刺激装置交換術
脊髄刺激装置を交換する手術です。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示
7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 68 0.34
180010 敗血症 同一 19 0.1
異なる 52 0.26
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 12 0.06
180040 手術・処置等の合併症 同一 37 0.19
異なる - -

当院は、平成15(2003)年4月から 【診断群分類に基づく1日当たり定額報酬算定制度 (以下、DPC)】に、参加しました。DPCは、診断群分類別に病名・診療内容に応じて定額点数が定められており、患者さんの入院期間中、最も医療費がかかった 病名を1つ決定して、入院費を算定する仕組みです。 ただし、診断群分類に該当しない病名,外来診療,歯科,健康保険以外の入院(交通事故・労災・公災等),自費診療の入院等は、DPC対象外です。 

1)DPC上6桁
→ 診断群分類コード 先頭6桁のことです。例えば、010010××99×0××というコードでは、010010です。

2)傷 病 名
→ 診断群分類の疾患名です。例えば、180010には、「サルモネラ敗血症」「カンジダ性敗血症」等の病名が分類されており、180010 という診断群分類を代表する疾患名が、「敗血症」となります。

3)入院契機傷病名との同一性の有無
同 一 → 例えば、「貧血」と診断されて入院、「貧血」の治療に、最も医療費が かかった場合です。
異なる → 例えば、「貧血」と診断されて入院、「胃出血」の治療に、最も医療費が かかった場合です。

4)発生率
→ 〔入院契機傷病名と同一性の有無〕 を 区別した後に、集計期間中の全退院患者数に対する 発生率(DPCで請求した率)です。

上記の表から見ると、当院における敗血症は、入院から退院まで異なる病名であったケースは0.26%で、同じ病名であったケースは0.1%でした。他に入院から退院まで異なる病名であったケースで、播種性血管内凝固症候群は0.34%、その他の真菌症感染症は0.06%でした。

【参考】
・播種性血管内凝固症候群
がん,白血病,広範囲外傷,敗血症,胎盤剥離等の病気に伴って、通常は止血のため血液が固まる反応が、全身の細小血管内で発生します。 小さな血栓が無数に形成されることで、血管が詰まって臓器障害が起きやすくなり、血液を固める因子が減って出血しやすくなる状態です。
・敗血症
肺炎,尿路感染症等あらゆる感染症に伴って発生する可能性があります。感染を起因として、病原体を排除しようとする防御反応が過剰に現われる等、自身の生体反応が制御不能に陥ることで、重篤な臓器障害が引き起こされた状態です。早期の発見・治療開始が救命に繋がります。
・その他の真菌症感染症
健康な時は、人の皮膚・粘膜についた真菌(カビの仲間の総称)に感染しにくいですが、免疫力が低下すると感染しやすくなります。
・手術・処置等の合併症
特に外科手術においては、術前・術中・術後、感染症のリスクが伴います。手術・処置の刺激で、体の内部環境が乱れやすくなり、皮膚・粘膜を切開するため、病原体が侵入しやすくなります。また、患者さんの年齢や、血管が広がって血管壁が薄くなる、食事が取れず低栄養になるといったこと等も影響します。万全な医学管理を行なっていても、ある一定の確率で、術後の出血や手術創感染が発生する場合があります。

入院契機傷病と異なる予期せぬ症例に関しては、症例数、発生率ともに前年度よりも全体的に減少しています。
手術・処置等の合併症については、手術後、経過良好で退院した後に発症した遅延性の手術創感染等があげられます。

※10件未満の場合、-(ハイフン)で表示

更新履歴
2020/09/30