遺伝カウンセリング室

遺伝カウンセリング室は、臨床遺伝学を専門とする医師、認定遺伝カウンセラーを中心に、遺伝・遺伝性疾患に関することについて、相談・説明・カウンセリングを行い、円滑な遺伝医療連携に貢献することを目指しています。

カウンセリングの対象となる方

  • 遺伝性疾患と診断された方、およびその家族
  • 遺伝子検査を受けようか迷っている方
  • 家族への遺伝的な影響が心配な方
  • その他、遺伝に関する疑問や悩みがある方

カウンセリング実施日と時間帯

  • 月~金曜日 9:00~14:00  完全予約制
    かかりつけ診療科の外来診察日とは別の日程で事前に調整を行います。

料 金

  • 1回 10,000円(自費診療、消費税込)

申し込み方法

  • 完全予約制です。
    「遺伝カウンセリングの予約」と病院代表電話でお伝えください。
    受付時間 月~金曜日 / 9:00~16:00

遺伝カウンセリングを受けるにあたって

  • 正確な病名あるいは病状等を、現在かかられている医療機関の主治医から聞いて、できるだけ明らかにしておいてください(遺伝性疾患にはよく似た名前であっても、症状や予後が全く異なる疾患がたくさんあります)。院内のかかりつけ診療科をお持ちの場合は主治医にご相談の上ご連絡ください。
  • 簡単な家系図(病名、症状、発症年齢など)を書いてご持参ください。
  • 電話だけでの相談には応じられません。
  • 相談内容・個人の秘密は厳重に守られます。
  • 紹介状は必ずしも必要ありません。
  • 予約のキャンセル、ご変更の場合も、がんゲノム医療管理室までご連絡くださいますようお願い致します。

お問合せ先

大阪医科薬科大学病院がんゲノム医療管理室 遺伝カウンセリング室
TEL (072) 683-1221(代)
FAX (072) 684-6250

その他

  • 遺伝カウンセリング室2020年度ポスター
  • 小児遺伝外来2020年度ポスター
    遺伝カウンセリング加算対象疾患の療育指導および遺伝カウンセリングを行います。

2019年度開催勉強会

講義内容

  • イントロダクション:なぜ今、遺伝学を学ぶか、ヒトゲノム入門、ヒトゲノム:遺伝子の構造と機能
  • ヒトの遺伝学的多様性:変異と多型、臨床細胞遺伝学的解析とゲノム解析の原理、染色体およびゲノムの量的変化にもとづく疾患:常染色体異常と性染色体異常
  • 単一遺伝子疾患、多因子疾患の遺伝学、集団における遺伝学的多様性
  • ヒト疾患における遺伝的基礎の解明、遺伝性疾患の分子遺伝学的原理、遺伝性疾患の分子生物学的、生化学的、細胞学的基礎
  • 遺伝性疾患の治療:単一遺伝子疾患を中心として、発生遺伝学と先天異常、腫瘍遺伝学と腫瘍ゲノム学
  • リスク評価と遺伝カウンセリング、出生前診断とスクリーニング、医療、個別化医療へのゲノム学の応用
  • 遺伝医学とゲノム医学における倫理的社会的課題
  • がん遺伝子パネルとactionable mutation
  • 生殖細胞系列の病的バリアントへの対応
  • がん遺伝子検査と生殖細胞系列遺伝学的検査、知っておきたいガイドライン
  • 遺伝カウンセリングとは 面接の基本技術
  • 系統講義15 腫瘍遺伝学と腫瘍ゲノム学