入院までの流れ

入院が決まりましたら、看護師が入院の説明をさせていただきます。
患者さんが安心して入院できるようサポートさせていただきます。
また、必要に応じて各関係部署と連携を図って参ります。
不安や分からないことがありましたらお気軽にご相談ください。

なお、本院では特別療養環境室(室料差額が必要な部屋)を設けておりますので、そのお部屋へ入室を希望される方はお申し出ください。ただし、同室が空いていない場合は入室できませんのでご了承ください
室料差額料金はこちら

入院までの流れ

  1. 1 入院の決定

     外来で入院が決まります。主治医から説明があります。
  2. 2 入院の手続き

    外来当日または後日改めて、事務的手続きをしていただきます。
    発行された「入院申込書」を持って、1階の入院手続き窓口(13番窓口)で申し込み(予約)をしてください。

    当院では特別療養環境室(室料差額が必要な部屋)を設けております。入室を希望される方はお申し出ください。なお、ご希望の部屋が空いていない場合は入室できませんので、あらかじめご了承ください。(室料差額料金はこちらでご覧ください
  3. 3 入院に向けてのご説明

    入院支援室で入院生活や治療、検査の説明、入院に関する不安があればお聞きしますので、どのようなことでもお話ください。予約時間に合わせてご来室ください。 
  4. 4 入院後の生活に関しての相談

    入院後の生活を見据え必要に応じて、医療ソーシャルワーカー、栄養士、薬剤師など、多職種で相談に応じます。
  5. 5 入院当日の手続き

    入院当日は、指定された時刻に1階の入院手続き窓口(13番窓口)にお越しください。

入院当日の持ち物

入院手続きで提出していただくもの

  1. 入院誓約書・入院保証書(必要事項を記入捺印のうえ、ご提出ください。)
  2. 診察券
  3. 健康保険証、各種公費助成証(医療受給者証、公費医療券、高齢者受給証など)
  4. 介護保険被保険者証(要介護・要支援被保険者の方のみ)
  5. 入院保証金(一部の方のみ)

入院生活で必要なもの

  • 寝巻き(ガウンタイプ・パジャマタイプ)、下着(レンタルシステム 有り)
  • 履物(滑りにくいものでかかとの覆われている靴)※医療売店でも販売しています。
  • 洗面用具(洗面器、歯ブラシ、コップ、石けん、シャンプー、くしなど)
  • 食事用具(お箸、スプーン、コップ、水筒など)
  • その他の日用品(ティッシュペーパー、タオル、バスタオルなど)
  • 補聴器・入れ歯の保存容器(ご使用の方のみ)
  • 現在服用または使用されているお薬、注射薬
  • 現在服用または使用されている市販のお薬、サプリメント、健康食品(名前がわかるもの)
  • お薬手帳、お薬の説明用紙
  • イヤホン(テレビをご利用される方)
上記の用具、用品はご持参ください。
特別に必要な物は、看護師または医師がご説明します。