腎臓内科

患者さんへ

腎臓内科は蛋白尿、血尿といった尿検査異常から腎炎、ネフローゼ、慢性腎臓病、糖尿病性腎症、末期腎不全、透析療法などの腎疾患全般、さらに膠原病・血管炎などの特殊な疾患まで幅広い診療を行うところです。腎臓の機能が障害されても、はじめのうちは自覚症状が現われないため、放置すると症状を自覚する頃には透析が必要な状態になっていることもあります。それゆえ、腎臓は早期発見・早期治療が最も重要な臓器の1つと言えます。この腎臓病の早期発見として最も重要なのは尿所見の異常であり、検診やたまたま受診した医療機関で異常(尿蛋白1+以上、あるいは尿蛋白±でも尿潜血を伴う場合)が見つかれば、腎臓病の可能性があります。一方、腎機能は血液のクレアチニンと年齢、性別から求められる推定糸球体濾過量(eGFR)が指標になります。

尿所見の異常やeGFRの顕著な低下がある場合に、まず外来でそれらの原因が本当に腎臓にあるのか、どのレベルまでの精密検査が必要なのかを調べます。その中で、活動性の腎臓病が疑われ、検査が可能な状態であれば「腎生検」の検査が必要になります(腎生検には5日間の入院を要します)。一部の腎炎はごく初期に診断できると、治療により押さえ込むことも可能です。一方、腎臓病がある程度進行してしまった場合は、現在の医学では完全に腎機能を取り戻す治療はありませんが、腎臓専門医への早期紹介により、多面的治療が行えることで、透析や腎移植をせずに生活できる期間を延長できることがわかっています。さらに、腎機能低下の抑制により、脳心血管病発症を抑えることができ、結果的に健康寿命の延長が得られます。

慢性腎臓病(CKD)、糖尿病性腎症に対する教育入院も行っています。また、当科では、すでに腎臓病と診断されている方や、維持透析を施行されている方のセカンドオピニオンも積極的に提供しております。その場合には、検査の重複や行き違いを防ぐために、受診した医療機関の紹介状や検診の結果をお持ちください。

診療科の特色

  1. 検尿異常・腎機能障害の精査(内科的腎疾患の早期診断─腎生検)
  2. 腎炎治療(ステロイドを含む免疫抑制剤による治療)
  3. 水・電解質代謝異常の精査
  4. 糖尿病性腎症に対する新規糖尿病治療薬の導入
  5. 慢性腎臓病(CKD)の保存的治療(降圧治療、食事療法、教育入院)
  6. 急性腎障害 (AKI)のマネージメント
  7. AKI、末期腎不全に対する腎代替療法(血液透析、腹膜透析)
  8. 腎血管や内分泌などに起因する高血圧の精査
  9. ファブリー病や常染色体優性多発性嚢胞腎などの遺伝性腎疾患の治療
  10. 日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会認定専門医制度研修施設

医療機関の方へ

2017年末で透析治療を要する日本人は33万人を超えました。その透析治療が必要となるかもしれない慢性腎臓病(CKD)の人数は1,330万人に及ぶと報告されています。CKDは透析を要する末期腎不全のリスクだけでなく、脳心血管病の発症・死亡のリスクでもあることが広く知られています。腎障害を起こしている原因を明らかとし、治療可能な場合は治療を行い、治療できない場合でも腎臓を保護するような治療を行って脳心血管病のリスクとなる要因(血圧、貧血など)を治療することで、場合によっては透析が必要となるまでの期間を延長することが可能となりました。そのためには早期発見、早期治療が不可欠です。自覚症状がなく、腎機能がまだ低下していないとしても、検尿異常が持続するとき、特に尿蛋白が陽性の場合には、病気が軽すぎる、あるいは紹介には早すぎるのでは、とお考えにならずにぜひ当科にご紹介いただければと思います。種々の腎炎治療以外にも、腎機能の悪化とこれに伴う電解質異常や腎性貧血、また高血圧、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病に対する治療、腎代替療法の選択や導入の時期につきましてもご相談ください。腎臓病の発症から腎不全への進行、そして透析導入から合併症予防に留意した維持透析管理まで腎臓病の全ステージにおける豊富な臨床経験を当科医師は有しています。

施設認定

  • 日本内科学会研修施設
  • 日本腎臓学会研修施設
  • 日本透析医学会研修施設
関連ページおよび関連サイト