麻酔科・ペインクリニック

患者さんへ

麻酔科・ペインクリニックでは、様々な痛みの緩和のために治療を行っています。頚椎・腰椎の疾患(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など)、五十肩、帯状疱疹(ヘルペス)後による神経痛、三叉神経痛、複合性局所疼痛症候群(CRPS)などの痛みに対し、神経ブロックを中心とした治療を、また、顔面神経麻痺などの痛みを伴わない病気の治療も行っています。

麻酔科・ペインクリニックで対応している病気や神経ブロックについて、詳しくは当科または麻酔科学教室のホームページをご参照ください。

診療科の特色

手術室や血管造影室における麻酔を担当する手術麻酔とペインクリニックの2つの診療を実施しています。

【ペインクリニック】
  1. 神経ブロック、薬物、東洋医学による疼痛疾患の治療
  2. 難治性の痛みに対する脊髄刺激療法
  3. 頚椎症・腰椎症に対する神経ブロックを中心とした集中的保存治療
  4. 帯状疱疹関連痛(帯状疱疹神経炎・帯状疱疹後神経痛)に対するくも膜下ステロイド注入療法
  5. がん性疼痛に対する神経ブロック
  6. 東洋医学的治療(鍼治療、SSP治療、漢方薬)の併用
  7. 脳脊髄液減少症の診断と硬膜外自家血注入による治療
【手術室麻酔】
  1. 新生児から超高齢者まで、幅広い年齢層に対応
  2. 各診療科と連携して高度技術の手術に対応
  3. 24時間体制で麻酔管理可能な体制
  4. 小児麻酔、心臓血管麻酔の専門医の配置
  5. 術前、術後の診察の実施

医療機関の方へ

麻酔科・ペインクリニックでは、様々な痛みに対し、神経根ブロックや硬膜外ブロックなどの神経ブロック(透視下、超音波ガイド下)、薬物療法を中心とした治療を行っております。硬膜外腔神経剥離術(経皮的)や脊髄刺激療法などのインターベンショナル治療も行っております。また、漢方薬、鍼治療などの東洋医学的治療を併用しています。
顔面神経麻痺といった非疼痛疾患に対する治療も行っています。
がん性痛に関しては、院内緩和ケアチームと連携し、適応があれば神経ブロックなども行っています。
脳脊髄液減少症が疑われる方に対してはRI脳槽シンチグラフィーまたは頭部MRI検査、CTミエログラフィーを施行し、硬膜外自家血注入による治療も行っています。
難治性の痛みや激しい痛みを持つ患者さんの助けとなるようにと考えておりますので、是非ご相談ください。
(がん緩和ケア外来は、月・水・金曜日のみとなっております)

施設認定

  • 日本麻酔科学会麻酔指導病院
  • 日本ペインクリニック学会指定研修施設
関連ページおよび関連サイト