消化器内科(食道・胃・腸)

患者さんへ

消化器内科(胃腸科)は、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸に関する病気の発見、診断、治療を目的とする科です。病気の早期発見、適切な治療、早期回復を目指して、患者さんへは安全で質の高い医療が提供できるように、特定機能病院として、さらに教育病院として務めております。

現在、日本人の癌のなかで、胃癌は減少傾向にありますが、生活の欧米化により大腸癌の死亡率が高まり、特に女性の癌部位別死亡者数では第1位です。これら消化器癌を早期に発見し、治療を行うために、消化器内科では内視鏡を使った最新の診断や治療を行っています。患者さんが知りたいこと、望まれる治療方法などをよく話し合ったうえで、最適の治療を行う、それが当科の目指すところです。

当科の特色

  1. 消化器疾患(食道、胃、小腸、大腸)の診断と治療
  2. 消化器癌(食道、胃、小腸、大腸)の診断と内視鏡治療
  3. 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管ベーチェット病など)の診断と治療
  4. 機能性胃腸疾患(機能性胃腸症、過敏性腸症候群)の診断と治療
  5. ヘリコバクター・ピロリ感染の診断と除菌療法
  6. カプセル内視鏡による小腸・大腸疾患の診断
  7. 小腸内視鏡による小腸疾患の診断と治療
  8. 逆流性食道炎の内視鏡治療

主な対象疾患

  • 早期胃癌や表在型食道癌、大腸癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の症例数は全国有数です。個々の患者さんの病状にあわせて、より低侵襲な治療を行っております。
  • 胃食道逆流症は胃の内容物が食道へ逆流するために生じ、食道に粘膜傷害を生じたものを逆流性食道炎と呼びます。多くの胃食道逆流症患者さんには胃酸の分泌を抑えるお薬が良く効きますが、すべての患者さんで症状が無くなるわけではありません。当科では最適な内服マネジメントですみやかな症状改善を目指し、それでも症状が取れない場合は内視鏡治療も行ったりしています(保険適用)。
  • 炎症性腸疾患と呼ばれるこれらの病気は、適切な治療がなされないとQOLを著しく低下させてしまいます。当科には1000名を超える患者さんが通院しておられ、関西で有数の「炎症性腸疾患センター」として、患者さんにとって安全・安心な、きめの細かい専門治療を提供いたします。
  • 以前は診断・治療が困難であった小腸の病気に対して、近年発展してきたカプセル内視鏡やダブルバルーン小腸内視鏡検査を行い、最先端の診療を行っています。

主な検査

上部消化管造影検査 / 大腸造影検査 / 小腸・大腸造影検査 / 腹部超音波検査(造影エコーを含む) / 内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP) / 小腸カプセル内視鏡 / 大腸カプセル内視鏡 / 腹部血管造影 / 上部消化管内視鏡検査 / 小腸内視鏡検査 / 下部消化管内視鏡検査 / 超音波内視鏡検査(EUS) / EUS-FNA(EUSガイド下穿刺吸引法)による病理組織診断 / 超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(消化管・胆膵) / 超音波内視鏡下瘻孔形成術(胆道ドレナージを含む)

臨床指標

  1. 消化器内科

    項目 実績 単位
    ERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影)実施件数 1,075
    PTCD(経皮経肝的胆管ドレナージ)実施件数 3
    肝細胞がん入院総患者数 133
    肝臓癌ラジオ波焼灼療法実施後1ヵ月以内合併症発生率 0.0
    肝臓癌ラジオ波焼灼療法実施例数 61
    エコー下肝生検件数 109
    腹部血管造影件数 36
    腹部超音波検査件数 4,420
    胃がん入院総患者数 182
    早期胃がん(粘膜内がん)内視鏡手術後5年生存率 98.5
    潰瘍性大腸炎患者数 52
    クローン病(限局性腸炎)患者数 43
    大腸がん入院総患者数 92
    早期大腸がん(粘膜内がん)内視鏡手術後5年生存率 98.5
    上部消化管内視鏡検査件数 3,922
    下部消化管内視鏡検査件数 2,179
    緊急消化管内視鏡検査件数 448
    消化管出血救急患者数 83
    消化管内視鏡検査に伴う穿孔の発生件数 2
    消化管透視件数 251
    内視鏡的粘膜切除術件数(上部)ポリペクトミーを含む 24
    ESD件数(上部) 129
    内視鏡的粘膜切除術件数(下部)ポリペクトミーを含む 483
    ESD件数(下部) 54
    消化管特殊検査件数 74
    カプセル内視鏡検査数 45
    超音波内視鏡検査 334
    EUS/FNA件数 203
  2. 消化器内科

    項目 実績 単位
    ERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影)実施件数 886
    PTCD(経皮経肝的胆管ドレナージ)実施件数 12
    肝細胞がん入院総患者数 146
    肝臓癌ラジオ波焼灼療法実施後1ヵ月以内合併症発生率 1.2
    肝臓癌ラジオ波焼灼療法実施例数 82
    エコー下肝生検件数 113
    腹部血管造影件数 63
    腹部超音波検査件数 4,645
    胃がん入院総患者数 116
    早期胃がん(粘膜内がん)内視鏡手術後5年生存率 98.2
    潰瘍性大腸炎患者数 418
    クローン病(限局性腸炎)患者数 192
    大腸がん入院総患者数 225
    早期大腸がん(粘膜内がん)内視鏡手術後5年生存率 98.6
    上部消化管内視鏡検査件数 4,499
    下部消化管内視鏡検査件数 2,344
    緊急消化管内視鏡検査件数 501
    消化管出血救急患者数 158
    消化管内視鏡検査に伴う穿孔の発生件数 2
    消化管透視件数 268
    内視鏡的粘膜切除術件数(上部)ポリペクトミーを含む 193
    ESD件数(上部) 170
    内視鏡的粘膜切除術件数(下部)ポリペクトミーを含む 757
    ESD件数(下部) 73
    消化管特殊検査件数 80
    カプセル内視鏡検査数 57
    超音波内視鏡検査 442
    EUS/FNA件数 204
  3. 消化器内科

    項目 実績 単位
    ERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影)実施件数 933
    PTCD(経皮経肝的胆管ドレナージ)実施件数 5
    肝細胞がん入院総患者数 189
    肝臓癌ラジオ波焼灼療法実施後1ヵ月以内合併症発生率 1.0
    肝臓癌ラジオ波焼灼療法実施例数 111
    エコー下肝生検件数 89
    腹部血管造影件数 60
    腹部超音波検査件数 4,861
    胃がん入院総患者数 58
    早期胃がん(粘膜内がん)内視鏡手術後5年生存率 98.9
    潰瘍性大腸炎患者数 304
    クローン病(限局性腸炎)患者数 140
    大腸がん入院総患者数 190
    早期大腸がん(粘膜内がん)内視鏡手術後5年生存率 100.0
    上部消化管内視鏡検査件数 4,382
    下部消化管内視鏡検査件数 2,397
    緊急消化管内視鏡検査件数 592
    消化管出血救急患者数 98
    消化管内視鏡検査に伴う穿孔の発生件数 1
    消化管透視件数 275
    内視鏡的粘膜切除術件数(上部)ポリペクトミーを含む 30
    ESD件数(上部) 123
    内視鏡的粘膜切除術件数(下部)ポリペクトミーを含む 715
    ESD件数(下部) 33
    消化管特殊検査件数 33
    カプセル内視鏡検査数 82
    超音波内視鏡検査 375
    EUS/FNA件数 219

関連ページ・サイト

施設認定

  • 日本消化器病学会認定指導施設
  • 日本消化器内視鏡学会認定指導施設
  • 日本大腸肛門病学会認定指導施設
  • 日本消化管学会指導施設
  • 日本カプセル内視鏡学会指導施設

受診を希望される方へ

当院の受診を希望される方は、こちらより詳細をご確認ください。

不明点はお電話でお問い合わせごください。

TEL.072-683-1221(代表)