循環器内科

患者さんへ

心血管疾患と一口にいってもさまざまな病気があります。狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、心房細動などの不整脈、その他にも動脈瘤、心臓弁膜症、心不全などが含まれます。診断や治療を迅速に行う必要のある病気が多く、タイミングを逸してしまうと日常生活に大きな制限が生じるリスクがあります。

わたしたち循環器内科は、これらの広範囲におよぶ心血管疾患の適切な診断と治療を提供できるよう、1年365日、昼夜をたがわず努めております。また、心血管疾患の患者さんには他の病気が合併していることが多く、チーム医療を行うことによりきめ細かな診療を行っています。

近年では、これまで治療が難しかった病気でも、新しいお薬による治療、カテーテルを用いた低侵襲な治療が可能になってきました。例えば、女性で比較的多く、呼吸が苦しくなる肺高血圧症という病気に対しても、カテーテルを用いた新しい治療を行っています。

心血管疾患では、明らかな、あるいは激しい症状が出るとは限らないことは注意すべきです。そのために、定期的な健康診断も重要になります。また、逆に胸の痛みや動悸、息切れなどの症状があっても、それが心血管病の症状かどうか、ご自身では判断がつきにくいこともあります。

心血管疾患の治療はタイミングが重要です。もし、「どうかな」と疑わしい症状がありましたら、できればかかりつけの先生からの紹介状をお持ちいただき、大阪医科薬科大学病院循環器内科に来院いただければと思います。

診療科の特色

本邦においては、高齢化や食生活の欧米化などにより、虚血性心疾患や末梢動脈疾患、心不全が増加しています。これらのADLを大きく損なう疾患に対し、最先端の適切な治療を提供するとともに、予防医療の観点から、高血圧症や高コレステロール血症などの生活習慣病に対しても、適切な治療と生活指導を心がけています。

  1. 虚血性心疾患
    運動負荷試験や核医学検査、冠動脈CT検査を積極的に行い早期診断に努めています。薬物療法に加え、薬剤溶出性ステントやロータブレータを用いた冠動脈形成術を行い良好な成績を収めています。また、必要に応じて心臓血管外科と連携し冠動脈バイパス術を行っています。
  2. 心不全
    エビデンスにもとづいた慎重かつ積極的な薬物治療に加え、心臓再同期療法や心臓リハビリテーションといった非薬物療法にも力をいれています。心筋症、心筋炎に対しての心筋生検などの診断、治療の経験も豊富です。
  3. 不整脈  
    ホルター心電図、植込み型ループレコーダー、電気生理学的検査による的確な診断のもと、薬物治療に加え、カテーテル焼灼術、植込み型除細動器などの非薬物療法についても経験豊富な医師がそろっております。
  4. 末梢動脈疾患
    間欠性跛行の原因となる閉塞性動脈硬化症に対し、血管形成術による治療を行っています。また、鎖骨下動脈狭窄、腎血管狭窄についても種々の画像検査を用いた診断を行い、患者さんそれぞれに応じた血行再建を行っています。
  5. 肺高血圧症・静脈疾患
    指定難病である慢性血栓塞栓性肺高血圧症にバルーン肺動脈形成術を行うなど、最先端の診断・治療を積極的に行っています。また、深部静脈血栓症や肺血栓塞栓症に対し、迅速な診断のもと、下大静脈フィルターの挿入など的確な治療を行っています。
  6. 成人先天性心疾患
    先天性心疾患の方の生命予後は飛躍的に改善しています。成人期に達した先天性心疾患患者さんは特有の合併症が生じることから、専門性が高いと考えられます。当科では、小児心臓血管外科および小児科とチームを組んで、成人先天性心疾患の診療に当たっています。
  7. 心臓弁膜症
    経食道心エコー検査や3次元心エコー検査を駆使して正確な診断を行い、心臓血管外科と連携し、最も適した治療を行っています。大動脈弁狭窄症に対しては、多職種からなるハートチームを構成して、経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)も行っています。

医療機関の方へ

当科では循環器疾患全般にわたって診療を行っております。ご紹介いただいた患者さんに最善の診療を行ったうえで、診療内容を先生方へ詳細にご報告するように心がけています。明るく開かれた循環器内科として、先生方と共に地域医療を推進して参ります。どうぞよろしくお願い申しあげます。

施設認定

  • 日本内科学会認定教育施設
  • 日本循環器学会循環器専門医研修施設
  • 日本高血圧学会認定研修施設
  • 日本心血管インターベンション学会研修施設
  • 日本動脈硬化学会動脈硬化専門医認定教育施設
  • 日本不整脈心電学会認定不整脈専門医研修施設
  • 日本超音波医学会専門医研修施設
  • 日本老年医学会認定施設
  • 日本成人先天性心疾患学会成人先天性心疾患専門医連携修練施設
関連ページおよび関連サイト