耳鼻咽喉科・頭頸部外科

当科の特色

私たち耳鼻咽喉医は、音を聴いたりにおいを嗅ぐ、食事を味わい飲み込むという、生活にとても重要な感覚器の病気を扱っています。また、顔面神経麻痺やめまいも担当しています。さらに舌癌や喉頭癌、咽頭癌などの悪性腫瘍、甲状腺腫瘍、唾液腺(耳下腺・顎下腺)腫瘍の診療も専門としています。すなわち、首より上(眼、脳を除く)の病気の診断と治療の専門家です。

当科では広範囲におよぶ耳鼻咽喉科の病気に対し、それぞれ専門の外来を設け、高い診断力と治療技術でエビデンスに基づいた診療を行っています。また中耳炎や副鼻腔炎、頭頸部腫瘍を中心に年間1000例以上の手術を行っていますが、術前・術後には医局員皆で患者さん1人1人の病状を検討し、安全で根治性の高い手術となるよう常に努めています。また地域のかかりつけの先生方と連携を図り治療を進めるよう取り組んでいます。当科を受診される際には、必ずかかりつけの先生からの紹介状を持参してください。

主な対象疾患

  • 頭頸部癌(口腔癌(舌癌)、咽頭癌、喉頭癌、甲状腺癌、耳下腺癌など)の進行別の症例数、生存率などを公表しています。過去22年間、約2500例の集計です。当科では、過去22年間、新しい診断・治療をとり入れながら、一貫した診断・治療を行ってきました。その結果としての治療成績であり、信頼のおけるデータと考えています。詳しくは下のリンク先をご参照ください。
    詳しくはこちら
  • 当科では以前から、耳下腺腫瘍・耳下腺癌の研究に取り組み、これまで1500例の経験を有し、当該領域のトップランナーと自負しています。年間約100例の手術は全国で最も多い手術数です。耳下腺内は顔面神経が走行しており、特に良性腫瘍では安全・確実な手術が必須です。当教室ホームページでは本疾患の特徴を詳細に説明しています。
    詳しくはこちら
    【耳下腺癌】についての動画はこちら
  • 頭頸部癌の中で口腔癌(舌癌)は増加傾向にあります。その治療は手術治療が中心になりますが、確実な切除とともに可能な限りの機能温存が望まれます。これまで500例以上の診断・治療を行ってきました。必要症例に対しては、当科を中心として、形成外科、歯科口腔外科も加わったチームを作り生存率の向上と機能温存に努めています。
    詳しくはこちら
  • この20年間で1500例以上の治療経験があります。早期診断とステロイド・抗ウイルス薬を使った治療の早期開始に努めています。発症後10~14日で筋電図検査を行い、予後不良(治りづらい)と判定されれば積極的に顔面神経減荷術(顔面神経管開放術)を施行しています。発症から1か月を目安に手術を行いますが、ご希望があれば3か月まで行っています。またリハビリテーションやボツリヌス毒素注射による治療も行っています。
    【顔面神経麻痺のリハビリテーション】についての動画はこちら
    詳しくはこちら
  • 髄膜炎や顔面神経麻痺など重篤な合併症を引き起こす疾患で、基本的に手術が必要です。当科では以前、open法の手術を行いましたが、2012年以降は可能な限りclosed法を用いています。特に小児は全例でclosed法を試みています。この20年間で延べ1000例以上の治療経験があります。安全・確実な手術を常に心掛けており、手術による顔面神経麻痺は1人も生じておりません。日本耳科学会認定耳科手術暫定指導医が担当しています。
    詳しくはこちら
  • 抗体療法や免疫療法に力をいれています。好酸球性副鼻腔炎の難治例に対する抗体療法が保険適応となり、今まで経験したことが無いくらいの顕著な治療効果を認めています。長期に渡り嗅覚の無い生活を送っていた患者さんが、この抗体療法を行うことで高頻度に嗅覚を取り戻せています。またアレルギー性鼻炎に対する治癒を目標とした根本的治療として免疫療法があります。当科では舌下、皮下免疫療法に加え臨床研究の段階ですがリンパ節に直接抗原を投与する経リンパ節免疫療法を施行しています。
    詳しくはこちら

その他の疾患・症状

症状や所見
  • 首や顔の腫れもの
  • 口のなかのできもの
  • 聞こえが悪い、めまいがする
  • 匂わなくなった、鼻づまり、花粉症
  • 声がれ、飲みこみづらい

疾患
  • 慢性中耳炎、滲出性中耳炎、耳硬化症、突発性難聴、聴神経腫瘍、先天性耳瘻孔
  • メニエール病、頭位性めまい、前庭神経炎
  • 鼻中隔弯曲症、鼻茸(鼻内ポリープ)、好酸球性副鼻腔炎
  • 慢性扁桃炎、扁桃肥大
  • 喉頭ポリープ、反回神経麻痺
  • 慢性顎下腺炎、顎下腺唾石、甲状腺腫、正中頸嚢胞、側頸嚢胞、リンパ節腫脹など

主な検査

純音聴力検査・聴性脳幹誘発反応検査(ABR)・耳音響放射検査(OAE)・聴性定常状態誘発反応(ASSR)・幼児難聴検査、耳管機能検査 / 平衡(めまい)機能検査・温度眼振検査、重心動揺検査・前庭誘発筋電位(VEMP)顔面神経麻痺の検査(涙腺機能検査、誘発筋電図検査(ENoG)、神経興奮性検査(NET))鼻腔通気度検査 / アレルギー検査(誘発を含む) / 嗅覚検査・味覚検査 / 鼻咽腔・喉頭内視鏡検査頸部超音波検査・穿刺吸引細胞診(FNAC)

臨床指標

  1. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

    項目 実績 単位
    1日平均外来患者数 67.6
    1日平均外来新患患者数 9.6
    専門外来数 11
    患者紹介率 93.3
    専門医数 14
    純音聴力検査施行数 3,045
    超音波エコー施行数 1,727
    ABR施行数 96
    クリニカルパスの実施状況 673
    1日平均入院患者数 33.4
    平均在院日数 12.7
    手術件数 712
    外来手術件数 14
    中耳換気チューブ留置術件数 65
    鼓膜形成術件数 8
    鼓室形成手術件数 68
    内視鏡鼻副鼻腔手術件数 76
    鼻中隔矯正術件数 27
    口蓋扁桃摘出術件数 51
    喉頭微細手術(声帯ポリープ)件数 17
    鼻・副鼻腔悪性腫瘍手術件数 16
    口腔・中咽頭癌手術件数 58
    下咽頭癌手術件数(咽喉頭全摘術) 7
    喉頭癌に対する喉頭直達鏡検査 23
    喉頭全摘術件数 4
    甲状腺腫瘍手術件数 45
    耳下腺腫瘍手術件数 95
    副甲状腺手術件数 4
    気管切開術件数 44
    頸部廓清術件数 90
    頭頸部がんに対する再建術症例 21 症例
    手術開始前1時間以内の予防的抗菌薬投与件数 936 / 936 手術開始前1時間以内に予防投与した退院患者数/手術を受けた退院患者数
    予定手術後24時間以内の再手術件数 5 / 936 予定外の再手術件数/総手術件数
    急性感音難聴の診療状況(入院治療数) 41
    顔面神経麻痺の診療状況(入院治療数) 18
    めまい症の診療状況(入院治療数) 2
    急性扁桃炎の診療状況(入院治療数) 22
    鼓室形成手術による聴力改善度 90.0
    口腔癌5年生存率  ステージⅠ 89.2
    口腔癌5年生存率 ステージⅡ 76.0
    口腔癌5年生存率 ステージⅢ 69.2
    口腔癌5年生存率 ステージⅣ 44.9
    上咽頭癌5年生存率 ステージⅠ 80.0
    上咽頭癌5年生存率 ステージⅡ 47.6
    上咽頭癌5年生存率 ステージⅢ 83.3
    上咽頭癌5年生存率 ステージⅣ 28.5
    中咽頭癌p16陰性5年生存率 ステージ0 100.0
    中咽頭癌p16陽性5年生存率 ステージⅠ 85.5
    中咽頭癌p16陰性5年生存率 ステージⅠ 91.7
    中咽頭癌p16陽性5年生存率 ステージⅡ 36.4
    中咽頭癌p16陰性5年生存率 ステージⅡ 74.0
    中咽頭癌p16陽性5年生存率 ステージⅢ 40.4
    中咽頭癌p16陰性5年生存率 ステージⅢ 64.0
    中咽頭癌p16陽性5年生存率 ステージⅣ 50.0
    中咽頭癌p16陰性5年生存率 ステージⅣ 32.4
    下咽頭癌5年生存率 ステージⅠ 85.7
    下咽頭癌5年生存率 ステージⅡ 72.1
    下咽頭癌5年生存率 ステージⅢ 49.0
    下咽頭癌5年生存率 ステージⅣ 30.0
    声門癌5年生存率 ステージⅠ 100.0
    声門癌5年生存率 ステージⅡ 91.9
    声門癌5年生存率 ステージⅢ 87.7
    声門癌5年生存率 ステージⅣ 60.5
    声門上癌5年生存率 ステージⅠ 100.0
    声門上癌5年生存率 ステージⅡ 95.8
    声門上癌5年生存率 ステージⅢ 81.1
    声門上癌5年生存率 ステージⅣ 56.2
    耳下腺癌5年生存率 ステージⅠ 100.0
    耳下腺癌5年生存率 ステージⅡ 98.1
    耳下腺癌5年生存率 ステージⅢ 72.1
    耳下腺癌5年生存率 ステージⅣ 53.7
    甲状腺乳頭癌5年生存率 99.6
  2. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

    項目 実績 単位
    1日平均外来患者数 85.3
    1日平均外来新患患者数 11.6
    専門外来数 11
    患者紹介率 77.1
    専門医数 11
    純音聴力検査施行数 3,365
    超音波エコー施行数 1,655
    ABR施行数 112
    クリ二カルパスの実施状況 652
    1日平均入院患者数 37.0
    平均在院日数 13.5
    手術件数 1,053
    外来手術件数 15
    中耳換気チューブ留置術件数 104
    鼓膜形成術件数 12
    鼓室形成手術件数 73
    内視鏡鼻副鼻腔手術件数 87
    鼻中隔矯正術件数 36
    口蓋扁桃摘出術件数 57
    喉頭微細手術(声帯ポリープ)件数 18
    鼻・副鼻腔悪性腫瘍手術件数 4
    口腔・中咽頭癌手術件数 68
    下咽頭癌手術件数(咽喉頭全摘術) 7
    喉頭癌に対する喉頭直達鏡検査 36
    喉頭全摘術件数 12
    甲状腺腫瘍手術件数 53
    耳下腺腫瘍手術件数 89
    副甲状腺手術件数 2
    気管切開術件数 61
    頸部廓清術件数 105
    頭頸部がんに対する再建術症例 25 症例
    手術開始前1時間以内の予防的抗菌薬投与件数 740 / 740 手術開始前1時間以内に予防投与した退院患者数/手術を受けた退院患者数
    予定手術後24時間以内の再手術件数 3 / 740 予定外の再手術件数/総手術件数
    急性感音難聴の診療状況(入院治療数) 26
    顔面神経麻痺の診療状況(入院治療数) 19
    めまい症の診療状況(入院治療数) 1
    急性扁桃炎の診療状況(入院治療数) 58
    鼓室形成手術による聴力改善度 90.0
    口腔癌5年生存率  ステージⅠ 88.6
    口腔癌5年生存率 ステージⅡ 79.9
    口腔癌5年生存率 ステージⅢ 63.7
    口腔癌5年生存率 ステージⅣ 49.4
    上咽頭癌5年生存率 ステージⅠ 100.0
    上咽頭癌5年生存率 ステージⅡ 67.5
    上咽頭癌5年生存率 ステージⅢ 69.2
    上咽頭癌5年生存率 ステージⅣ 37.7
    中咽頭癌p16陰性5年生存率 ステージ0 100.0
    中咽頭癌p16陽性5年生存率 ステージⅠ 85.0
    中咽頭癌p16陰性5年生存率 ステージⅠ 85.1
    中咽頭癌p16陽性5年生存率 ステージⅡ 39.4
    中咽頭癌p16陰性5年生存率 ステージⅡ 51.3
    中咽頭癌p16陽性5年生存率 ステージⅢ 36.6
    中咽頭癌p16陰性5年生存率 ステージⅢ 51.9
    中咽頭癌p16陽性5年生存率 ステージⅣ 50.0
    中咽頭癌p16陰性5年生存率 ステージⅣ 33.2
    下咽頭癌5年生存率 ステージⅠ 83.2
    下咽頭癌5年生存率 ステージⅡ 71.4
    下咽頭癌5年生存率 ステージⅢ 53.7
    下咽頭癌5年生存率 ステージⅣ 32.5
    声門癌5年生存率 ステージⅠ 98.7
    声門癌5年生存率 ステージⅡ 90.1
    声門癌5年生存率 ステージⅢ 78.2
    声門癌5年生存率 ステージⅣ 60.0
    声門上癌5年生存率 ステージⅠ 100.0
    声門上癌5年生存率 ステージⅡ 95.8
    声門上癌5年生存率 ステージⅢ 81.7
    声門上癌5年生存率 ステージⅣ 56.2
    耳下腺癌5年生存率 ステージⅠ 100.0
    耳下腺癌5年生存率 ステージⅡ 98.3
    耳下腺癌5年生存率 ステージⅢ 74.7
    耳下腺癌5年生存率 ステージⅣ 48.3
    甲状腺乳頭癌5年生存率 97.2
    病棟稼働率(66病棟) 93
  3. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

    項目 実績 単位
    1日平均外来患者数 85.3
    1日平均外来新患患者数 12.4
    専門外来数 11
    患者紹介率 83.3
    専門医数 12
    聴力検査施行数 3,876
    超音波エコー施行数 1,732
    ABR施行数 119
    クリ二カルパスの実施状況 621
    1日平均入院患者数 35.3
    平均在院日数 12.6
    手術件数 1,052
    外来手術件数 12
    中耳換気チューブ留置術件数 110
    鼓膜形成術件数 7
    鼓室形成手術件数 88
    内視鏡鼻副鼻腔手術件数 108
    鼻中隔矯正術件数 45
    口蓋扁桃摘出術件数 60
    喉頭微細手術(声帯ポリープ)件数 27
    鼻・副鼻腔悪性腫瘍手術件数 5
    口腔癌手術件数 41
    下咽頭癌手術件数(咽喉頭全摘術) 7
    喉頭癌に対する喉頭直達鏡検査 42
    喉頭全摘術件数 13
    甲状腺腫瘍手術件数 36
    耳下腺腫瘍手術件数 87
    副甲状腺手術件数 6
    気管切開術件数 36
    頸部廓清術件数 80
    頭頸部がんに対する再建術症例 17 症例
    手術開始前1時間以内の予防的抗菌薬投与件数 738 / 738 手術開始前1時間以内に予防投与した退院患者数/手術を受けた退院患者数
    予定手術後24時間以内の再手術件数 10 / 750 予定外の再手術件数/総手術件数
    急性感音難聴の診療状況(入院治療数) 35
    顔面神経麻痺の診療状況(入院治療数) 33
    めまい症の診療状況(入院治療数) 5
    急性扁桃炎の診療状況(入院治療数) 45
    鼓室形成手術による聴力改善度 90.0
    口腔癌5年生存率  ステージⅠ 85.3
    口腔癌5年生存率 ステージⅡ 78.1
    口腔癌5年生存率 ステージⅢ 64.3
    口腔癌5年生存率 ステージⅣ 48.1
    上咽頭癌5年生存率 ステージⅠ 100.0
    上咽頭癌5年生存率 ステージⅡ 66.1
    上咽頭癌5年生存率 ステージⅢ 66.7
    上咽頭癌5年生存率 ステージⅣ 31.3
    中咽頭癌p16陰性5年生存率 ステージ0 100.0
    中咽頭癌p16陽性5年生存率 ステージⅠ 77.3
    中咽頭癌p16陰性5年生存率 ステージⅠ 90.9
    中咽頭癌p16陽性5年生存率 ステージⅡ 28.2
    中咽頭癌p16陰性5年生存率 ステージⅡ 65.3
    中咽頭癌p16陽性5年生存率 ステージⅢ 18.2
    中咽頭癌p16陰性5年生存率 ステージⅢ 67.3
    中咽頭癌p16陽性5年生存率 ステージⅣ 0
    中咽頭癌p16陰性5年生存率 ステージⅣ 33.7
    下咽頭癌5年生存率 ステージⅠ 85.7
    下咽頭癌5年生存率 ステージⅡ 72.1
    下咽頭癌5年生存率 ステージⅢ 49.0
    下咽頭癌5年生存率 ステージⅣ 30.0
    声門癌5年生存率 ステージⅠ 100.0
    声門癌5年生存率 ステージⅡ 91.9
    声門癌5年生存率 ステージⅢ 87.7
    声門癌5年生存率 ステージⅣ 60.5
    声門上癌5年生存率 ステージⅠ 100.0
    声門上癌5年生存率 ステージⅡ 95.8
    声門上癌5年生存率 ステージⅢ 81.1
    声門上癌5年生存率 ステージⅣ 56.2
    耳下腺癌5年生存率 ステージⅠ 100.0
    耳下腺癌5年生存率 ステージⅡ 98.1
    耳下腺癌5年生存率 ステージⅢ 72.1
    耳下腺癌5年生存率 ステージⅣ 53.7
    甲状腺癌5年生存率 99.6
    病棟稼働率(66病棟) 93.4

関連記事

関連ページ・サイト

施設認定

  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
  • 日本アレルギー学会専門医教育研修施設
  • 日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医研修施設
  • 日本気管食道科学会気管食道科専門医研修施設
  • 日本耳科学会耳科手術認可研修施設
  • 日本鼻科学会鼻科手術認可研修施設

受診を希望される方へ

当院の受診を希望される方は、こちらより詳細をご確認ください。

不明点はお電話でお問い合わせごください。

TEL.072-683-1221(代表)