リハビリテーション科

患者さんへ

リハビリテーション医学は、機能を回復し障がいを克服するための方策として、専ら「活動」を育む医学です。そしてリハビリテーション医療では、疾病を持ったり障がいを負ったりした方々が身体的、精神的、社会的、そして経済的にできる限り元の生活に近づくために必要な診断、治療(含む、訓練)、援助などを行います。当科ではリハビリテーション科専門医、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、義肢装具士、看護師、医療ソーシャルワーカー(広域医療連携センター「入退院支援室」)などリハビリテーション医学・医療に精通した専門スタッフがチームとなり、患者さんとご家族を中心に据えて、患者さんの家庭復帰あるいは社会復帰、あるいはご家族の介護負担の軽減などに向けて全力を尽くします。

診療科の特色

リハビリテーション医学では、「その人らしく、その人にふさわしく生きていく」ことを目的に、発症直後から住み慣れた地域に戻るまで、包括的かつ継ぎ目のない治療や支援を行います。そのために当科では、疾病を持ったり、障がいを負ったりした方々が必要なリハビリテーション医療やリハビリテーションマネジメント(介護保険サービス)を受けて、住み慣れた地域へスムーズに戻っていくことができるように、超急性期〜急性期・亜急性期〜回復期、そして生活期にわたって切れ目なく、地域の医療機関や施設と密に連携をとりながら、特定機能病院の特性を活かした先進的かつ安全・安心なリハビリテーション医療を提供致します。

  1. 運動器疾患、脊椎・脊髄疾患に対するリハビリテーション医療
  2. 四肢切断に対するリハビリテーション医療
  3. 脳血管疾患(含、高次脳機能障がい)に対するリハビリテーション医療
  4. 神経筋疾患に対するリハビリテーション医療
  5. がん、あるいはがん治療に伴う障がいに対するリハビリテーション医療
  6. 呼吸器・循環器疾患、生活習慣病などに対する生活指導やリハビリテーション医療
  7. ロコモティブシンドローム、フレイル、サルコペニアなど加齢や低栄養などに伴う身体機能低下に対する生活指導やリハビリテーション医療
  8. 脳性麻痺を含む小児疾患に対する療育相談やリハビリテーション医療
  9. 痙縮に対するリハビリテーション医療(ボツリヌス療法・バクロフェン持続髄注療法や装具療法など)
  10. 地域包括ケアシステムの中でのリハビリテーション医療やリハビリテーションマネジメント(介護保険)の調整(医師意見書や主治医意見書の作成など)

医療機関の方へ

リハビリテーション科では、各診療科と連携をとりながら運動器疾患、脳血管疾患、神経筋疾患、脊椎・脊髄疾患、呼吸器・循環器疾患、脳性麻痺などによる障がいの診断と治療を行っています。超急性期から急性期の患者さんに対してはICU・HCUや病棟から始まる急性期のリハビリテーション治療を提供し、その後の亜急性期・回復期・生活期のリハビリテーション治療が必要な患者さんには、広域医療連携センター「入退院支援室」と連携して、回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟・療養病棟への転院を支援します。また、自宅に戻られる場合には、退院前訪問指導の実施や介護保険制度の紹介、医師意見書や主治医意見書作成などの在宅療養・生活支援も行います。
特殊外来として、痙縮治療外来(ボツリヌス療法・バクロフェン持続髄注療法や装具療法など)、ポリオ後遺症外来(障害評価と生活指導、装具療法など)、筋電図外来、リウマチ外来(リウマチ性疾患の生活指導、装具療法など)も開設しておりますので、お気軽にご相談ください。なお、病院の特性上、リハビリテーション科外来での機能訓練およびリハビリテーション科への入院でのリハビリテーション治療は実施しておりませんのでご了承ください。

施設認定

  • 疾患別リハビリテーション施設基準
     (脳血管疾患等I 運動器I 廃用症候群I 心大血管I  呼吸器I)
  • 公益社団法人日本リハビリテーション医学会研修施設
  • 一般社団法人日本専門医機構認定専門研修プログラム(リハビリテーション科)基幹施設