精神神経科

患者さんへ

当科では、不眠・不安やストレス、うつなど、日常、経験しやすい精神症状でお悩みの方から、心の病気まで幅広く診療を行っています。
最近注目をあびている「認知症性疾患」「思春期(中・高生)」「性別違和」などの専門外来にくわえ、大学病院特有の特殊治療としてクロザピン治療(治療抵抗性統合失調症)やECT:電気けいれん療法(難治性うつ病など)、r-TMS療法(下記参照)なども行っております。お気軽にご相談ください。


-大阪医科薬科大学病院精神神経科は、r-TMS療法を行っております-
r-TMS療法とは反復経頭蓋磁気刺激のことで、「既存の抗うつ薬による十分な薬物療法によっても、期待される治療効果が認められない中等症以上の成人(18歳以上)のうつ病」に適応がある治療法です。変動磁場を用いて脳皮質に渦電流を誘導し、ニューロンを刺激することによって、低侵襲的に大脳皮質や皮質下の活動を修飾することができる技術を利用してうつ病の回復を図ります。令和元年6月に保険収載されたため、われわれは精神神経学会におけるr-TMS 適正使用指針作成ワーキンググループによる指針に則り、ニューロネティクス社によるNeurostar機器の導入を行いました。指針によれば、薬物療法に加えた場合、30〜40%が r-TMS 療法に反応しているとされています。
r-TMS療法をご希望される患者さんは、現在おかかりの先生にお申し出いただき、本院精神神経科の火曜から金曜の初診をご予約ください【本院は特定機能病院であるため、診療情報提供書(紹介状)をご持参いただけない場合は一定の負担をお願いすることになることをご留意ください】。初診担当医師の診察を経て、r-TMS専門外来を受診いただきます。それまでに公認心理士による一定の検査を受けていただくこととなります。r-TMS専門外来担当医師による診察を受けて適応があると判断されれば、治療開始となります。治療は健康保険の適応を受けて行われます。なお当科でのr-TMS治療は原則入院(個室:3,300円/日)にて行います。これは副反応の発生を観察し、安全な療養環境下で治療を進めるためでありますので、ご理解のほどお願いします。

-2021年4月から減薬外来を行っています-
みなさんは今自分が、どんな種類のお薬を、どのような目的で、どれくらいの量を飲んでいるか答えられますか?  実際、この質問に対して「わからない」と答える方は少なからずいます。 向精神薬と呼ばれるお薬(抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬など)は、一度薬が増えると減らしにくいため、薬が減らずに悩んでいる方も多いと思います。まずは、ご自身が飲んでいる薬がどういった薬なのか、本当に必要なのかを一緒に考えることから始めましょう。 当院では、各専門科との連携を通じての処方設計が可能であり、包括的に心理的・身体的な評価を行ったうえで、患者さん一人一人に合った減薬方法の提案を心がけています。また、必要であれば、入院加療や心理師による不眠症の認知行動療法(CBT-I)も実施しております。

診療科の特色

  1. 統合失調症、感情障害など精神疾患全般に対する、生物、心理、社会、倫理的見地に立った総合的診療
  2. 認知症性疾患
  3. 「思春期(中・高生)」の疾患
  4. 性別違和→予約についてはこちらをご覧ください。
  5. r-TMS(反復経頭蓋磁気刺激)療法→予約についてはこちらをご覧ください。
    ECT(電気けいれん療法)、クロザピン等の特殊治療
  6. 減薬外来→予約についてはこちらをご覧ください。

医療機関の方へ

総合病院の精神科として31床(全閉鎖病棟、うち個室3床)を有し、19名の常勤医師が幅広く精神疾患の診療に携わっております。2019年度の外来患者数は、初診:5.5人/日、再診:80.5人/日、認知症外来新患者:236人/年、思春期外来新患者:32人/年、性別違和外来新患者:26人/年となっております。2019年度の入院患者総数は375人で、内訳はICDコード別でF0:74人、F1:8人、F2:157人、F3:90人、F4:28人、F5:5人、F7:4人、F8:5人、F9:2人、その他:2人となっております。
地域のネットワークを大切にしながら精神疾患全般に対応し、身体合併症等の受け入れや、一般科に入院された精神科患者さんの、コンサルテーションリエゾン精神医学的な治療も行っております。その他、認知症性疾患、性別違和、思春期(中・高生)の疾患など特色ある専門外来に加え、大学病院特有の特殊治療としてクロザピン治療(治療抵抗性統合失調症)やECT:電気けいれん療法(難治性うつ病など)、r-TMS療法(下記参照)なども行っております。

r-TMS療法
反復経頭蓋磁気刺激(repetitive Transcranial Magnetic Stimulation)のことで、「既存の抗うつ薬による十分な薬物療法によっても、期待される治療効果が認められない中等症以上の成人(18歳以上)のうつ病」に適応がある治療法です。

施設認定

  • 日本精神神経学会専門医制度研修施設
  • 日本総合病院精神医学会認定施設、ECT研修施設
  • 臨床精神神経薬理学研修施設
  • 日本老年精神医学会専門医制度認定施設
関連ページおよび関連サイト