眼科

診療科の特色

現在当科には、ほぼ全ての眼科専門外来があります。各専門領域を下記にご紹介します。

  1. 白内障/加齢性白内障に対する超音波水晶体乳化吸引術+眼内レンズ手術だけでなく、難治性白内障手術、全身麻酔が必要な小児白内障手術なども行っています。患者さんの状態にもよりますが、日帰り手術・一泊入院・両眼手術入院で対応しています。
  2. 網膜硝子体・黄斑/糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑上膜、黄斑円孔などの網膜硝子体疾患に対する手術治療を得意としており、加齢黄斑変性に対する光線力学療法(PDT)や、糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する抗VEGF療法・ステロイドの眼注射、中心性漿液性脈絡網膜症に対する自費PDTなど、最先端の治療を提示しながら患者さんに最適な治療法を行っています。
  3. 神経眼科/視神経炎や眼筋麻痺など、難治性神経疾患の画像診断および治療を得意としています。
  4. 斜視・弱視/小児の斜視手術だけでなく、大人の難治性斜視手術に対しても積極的に治療を行っています。
  5. 緑内障/難治性緑内障に対しても対応可能で、チューブシャント手術などの緑内障手術を積極的に行っています。眼血流測定のためのレーザースペックル眼循環解析機を全国に先駆けて導入し、緑内障の病態や進展と視神経乳頭血流の関係について解析を進め、治療法の開発に応用してまいりました。
  6. 角膜/難治性角膜疾患に対する角膜移植術を行っており、角膜内皮移植などの最先端の角膜移植術も導入しています。また、ドライアイに対する治療も積極的に行っております。
  7. ぶどう膜炎/サルコイドーシス、ベーチェット病、原田病をはじめとするぶどう膜炎に対する内科的および外科的治療をバランス良く積極的に行っています。
  8. 涙道・眼形成/鼻涙管閉塞症による流涙症に対して、内視鏡を使用した涙嚢鼻腔吻合術(鼻内法)を得意としています。その他、眼瞼下垂、眼瞼内反症、眼瞼腫瘍などの眼形成外科手術も行っています。
  9. 眼瞼痙攣・片眼顔面痙攣/ボツリヌス毒素療法による治療を得意としています。
  10. ロービジョン/視覚に障害のある患者さんに対してロービジョン外来を設け、患者さんの生活の質(quality of life; QOL)を高めるために視能訓練士(ORT)とロービジョンケアを積極的に行っています。
  11. コンタクトレンズ/円錐角膜などの疾患や眼外傷後などに対するコンタクトレンズ治療を行っています。

医療機関の方へ

眼科では、各専門分野での先端医療の実践と、地域医療機関の先生方との連携を目指しております。当科の特色は眼科のほぼすべての領域で豊富な経験を持つ専門医が診療にあたっていることです。その結果バランス良く質の高い治療を提供しています。従来から実績のある網膜剥離や糖尿病網膜症に対する手術加療、黄斑疾患の治療(PDTや抗VEGF療法など)や眼循環、緑内障の診断・加療、神経眼科や小児眼科の検査・診断・加療などの分野に加え、角膜、ぶどう膜、涙道・眼形成などの専門外来も充実し、診療を行っております。
白内障手術も日帰り手術や短期入院システムを運用、入院待ち期間の短縮を図っております。術後経過がよければ早めに逆紹介をお願いするなどで、病診連携を充実させたいと考えております。ご紹介、ぜひともよろしくお願い致します。月2回、木曜日の午後6時より、大阪医科薬科大学眼科オープンカンファレンスを開催しております。カンファレンスのプログラムは随時お送りいたしますので、医局までご連絡ください。

施設認定

  • 日本眼科学会専門医制度研修施設
関連ページおよび関連サイト