放射線診断科

患者さんへ

当科では、CT・MRI・核医学検査・血管造影・注腸透視・胃透視などの画像診断と共に、がん・良性腫瘍、脈管病変や救急疾患に対するカテーテル治療やCTガイド下生検・ドレナージなどのIVR(画像下治療)を行っております。患者さんにご負担の少ない画像診断やIVRを心がけております。当科での画像検査やIVRを希望される場合は、かかりつけの先生からの紹介状や画像データをご持参の上、受診して下さい。

診療科の特色

  1. 膀胱がんや頭頸部がんに対する動注化学療法
  2. 肝・腎・骨・頭頸部腫瘍や子宮筋腫などに対する血管塞栓術
  3. 内臓動脈瘤・静脈瘤・脈管奇形などの血管塞栓術や硬化療法
  4. オスラー病の画像診断や多診療連携
  5. 外傷・喀血・消化管出血・産科出血などの血管塞栓術(止血術)
  6. CTガイド下生検やドレナージ術
  7. CT、MRIによる全身各領域の画像診断
  8. 注腸透視・胃透視
  9. 核医学検査(各種シンチ・SPECT検査など)

医療機関の方へ

CT、MRI、核医学検査等の画像診断では、迅速かつ正確な画像診断に基づいて、疾病の早期治療に少しでも結びつけることができればと考えております。また、IVR(画像下治療)では、外科治療・薬物療法・放射線治療と並んで、体に負担の少ないもう一つの新たな治療選択肢を提供してまいりたいと思います。放射線診断科は、画像診断とIVRにより地域の皆様のニーズに応えられるよう最適な医療を目指しております。よろしくお願いいたします。


施設認定

  • 日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関
  • 日本放射線腫瘍学会認定施設
  • 日本核医学会専門医教育機関
  • 日本IVR学会専門医修練認定施設
関連ページおよび関連サイト