医療総合管理部 || 大阪医科薬科大学病院

医療総合管理部

ごあいさつ

医療安全推進部長 樋口 和秀
医療総合管理部 部長
勝間田 敬弘

医療総合管理部とは、医療安全推進室(旧 医療安全対策室)、QI管理室(旧 医療管理室)、診療情報管理室、感染対策室の4つの室から構成された、総合的に病院の医療の質や安全の向上を目指していく部門です。社会に期待されている医療の質を保ち、国際的に通用する安全な医療を提供できるように病院の組織改編が行われ、2019年4月に誕生しました。医療安全推進室とQI管理室が医療安全管理部門を、QI管理室と診療情報管理室が医療の質管理部門をそれぞれ担当します。ここに感染対策部門として感染対策室を加え、4室が横断的に随時連携する体制が整備されています。法令・規則の遵守の啓蒙も重要な活動の一つであり、医療者のための院内研修の機会を提供しています。立案と実践、教育と評価を通じて、特定機能病院ならではの高度な医療を安全に提供していきたいと思います。




医療安全管理体制機構図




医療安全推進室

部門の特色 

医療安全は日常臨床の要です。2019年4月より、病院長直属の組織である医療総合管理部の傘下となりました。医療安全推進室の室長は、ゼネラルリスクマネージャーであり、実務のリーダーです。全部署の現場監督を担うリスクマネージャーが136名、その他に兼任医療安全推進室員という8名の院内有志の存在も見逃せません。
医療安全推進室の守備範囲は、事故を未然に防ぐための活動から、事故につながる小さな問題が発生した後の活動に及びます。実際には、予防のステップや発生を教訓として新たな課題を発見し、システムを改善して再発防止を図ります。医療安全対策は、個人の責任に帰することなく、システムの改善につなげるシステムズアプローチが原則です。さらに最近は、コミュニケーションなどチームワーク向上も医療安全対策の最重要テーマに位置づけています。
一方、事故後の最大の課題は「情報開示と謝罪」です。事故後、速やかに患者さんやご家族に情報開示を行い、その後も間断なくコミュニケーションが維持されるよう患者サービス課と連携して医療安全推進室が調整しています。同時に事故を客観的に評価するために医療安全調査委員会を行います。責任が明らかになった場合は、責任表明の謝罪を行い、無用なコンフリクトの回避に努めています。事故の前後を問わず、事実の確認を行いながら、常に患者さんの立場を擁護することが基本方針です。この方針は、事故調査制度の精神にも合致しています。医療安全推進室は病院で働く人々の意識や態度に、医療安全という価値観が常に反映する状態を保つために活動しています。医療安全文化の醸成こそが我々の使命です。
さらに、2021年度の活動テーマに、『「心理的安全性」を基盤とするチーム医療の実践』を掲げています。医療を提供する側、医療を受ける側を問わず、コミュニケーションを深め情報を共有し、両者が協働することにより医療の質と安全を高めることを目指しています。

医療総合管理部門メンバー リスクマネージャー会議   事例検討会

業務の紹介 

  1. インシデント・アクシデントの収集と分析を行い、情報収集に努めつつ再発防止策の立案と周知を図る業務
  2. 医療安全の理解を深めるための職員研修会を企画運営し、受講状況を把握する業務
  3. 医療事故の確認と調査を行うと共に、心情ケアとしての「情報開示と謝罪」が速やかに行われるよう調整する業務
  4. 本院のみならず、医療圏における医療安全文化の醸成のため、中心的な役割を担う業務


QI管理室

部門の特色

QI管理室は、医療の質のモニタリングや、療養担当規則の遵守をはじめとする適切な保険診療の指導を主に活動しております。また、高難度新規医療技術の提供や未承認新規医薬品等の使用の適否等を決定する部門の役割も担っており、医療総合管理部の各室と密に連携しながら、医療安全と医療の質の両面の更なる向上を目指しています。

業務の紹介

  1. 事故を防ぐ体制を確保するため医療安全に資する診療内容のモニタリング等に関する業務
  2. 適切な保険診療、DPCの教育・指導に関する業務
  3. 職員の医療安全に関する意識向上への取り組みに関する業務
  4. 高難度新規医療技術の導入に関する業務
  5. 未承認新規医薬品等の使用に関する業務


診療情報管理室

部門の特色

診療情報管理室は、2019年4月より医療総合管理部の傘下となり、医療総合管理部 診療情報管理室となりました。室長は医療総合管理部副部長、医療安全推進室長、QI管理室長を兼務としており、副室長は電子カルテ調査実務委員会で副委員長として積極的に監査を行い、臨床研修医に対しては、入職時の記録について指導を行っています。管理室職員は、室長、副室長と共に、これまで以上に診療情報の記載内容充実に取り組むと共に、個人情報の保管・管理に細心の注意をはらい、職員8名、契約職員2名、委託職員6名、アルバイト6名で、日々の業務を行っています。
当院は2014年に電子カルテに移行しました。診療録の「量的な管理」から、電子カルテ移行後は診療情報の「質的な管理」へ移行しています。院内で発生する紙の資料は、ほぼすべてが診療情報管理室でチェックされ、スキャンを行い電子カルテに取り込まれます。
2020年度の医療安全推進室の年間活動テーマは「コミュニケーション・エラーをなくす~言葉の力で防ぐアクシデント~」です。意思伝達や情報共有のツールの一つである診療記録の充実を図り、『わかりやすい記録』が残せるように、医療の質と安全を高めることを目指しています。

業務の紹介

  1. e文書法に準拠したタイムスタンプを使用したスキャン業務
  2. サマリー作成に関する教育・督促・統計に関する業務
  3. 紙カルテの貸出・返却・督促に関する業務
  4. がん登録等の推進に関する法律に基づいた登録・調査・提出・統計に関する業務
  5. 診断書(生命保険会社)に関する補助入力業務
  6. DPC様式1に関する入力・督促業務
  7. カルテ開示に関する業務
  8. 適切な記録作成に関する監査業務
  9. NCDに関する登録・提出に関する業務


感染対策室

部門の特色

  1. 院内感染の発生予防に努めるとともに、院内感染発生時には適切な対応を行います。
  2. 耐性菌抑制のため抗菌薬適正使用を推進します。
  3. 医療従事者に対する感染対策や感染症診療に関する教育を行います。日本感染症学会認定感染症専門医を始めとする感染症の専門家を育成します。
  4. 行政や関連医療機関と協力して地域の感染対策のレベルアップに貢献し、エビデンスを発信します。

業務の紹介

定期的に多職種で感染制御のためのInfection Control Team(ICT)ラウンドと抗菌薬適正使用のためのAntimicrobial Steward-ship Team(AST)ラウンド(写真参照)を行い臨床現場の医師や看護師とコミュニケーションをとりながら、感染症診療ならびに感染制御のレベルアップに努めています。耐性菌出現時や院内感染が疑われる時点で速やかに現場に赴き具体的な対策を立て実行します。また院内の感染症難治症例に対するコンサルテーションを行い、多くの相談を受けています。
対外的な活動として三島医療圏の四医師会に所属する25病院で北摂四医師会感染対策ネットワークを結成し(図参照)、行政とも連携を深めています。ネットワークでは年2回、全体会議(世話人会)を実施し、専門知識の共有や感染対策の方策についての計画、実行、評価を行います。

関連ページおよび関連サイト